top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

話題のiDeCoを始めて7か月経過 久しぶりに口座を見てみると……

J-CAST会社ウォッチ

「つみたてNISA」が20代、30代をはじめとした投資期間が長く確保できる世代に浸透してきている。毎月自動引き落としで決まった日に決まった金額だけ投信を買っていく。何年も運用していくと利益が出てきてどこかのタイミングで売却したときも利益にかかる税金がかからないというのだから、なんとも個人投資家には有難い制度だ。

そんなぼくはつみたてNISAと似てるけど、ちょっと違うiDeCoを2020年に始めてみた。久しぶりに口座を開けたので、その結果をお知らせすると共に、iDeCoの強みを紹介したいと思う。

運用開始から7か月 iDeCoで増えたのか?

さっそく、管理画面にログインしてみた。毎月2万3000円が口座から引かれている。運用開始から7か月経過したので合計で16万1000円を投資に回したことになる。気になる2月1日時点での資産状況が、以下の画像。


iDeCoの資産状況(運用開始から7か月)

資産残高が16万5356円となっている。資産残高から拠出金累計の16万1000円を差し引いた金額が損益4356円となっている。資産残高は毎日変動するから損益も毎日変動する。2月1日ではプラスになっているということだ。

何を買っているのか?

ぼくが買っているのはeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)という商品で、米国株投資のブームが来ていることもあり人気な商品だ。米国の株式に投資し、S&P50指数(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざして運用するファンドだ。米国の主要企業に低コストで投資でき、また業界最低水準の運用コストを目指し続けるという方針が長期投資に向いていると考えたので、この銘柄だけをたんたんと買っている。

広告の後にも続きます

取り扱いが開始されてからの3か月ごとの基準価格の推移を見ても、順調に上昇しているのが見てとれる。とにかく順調だ。


eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)基準価格の推移

最大の強みは年1万2000円の節税効果


かんたん税制優遇シミュレーション結果

ここまでの話だけだと毎月2万3000円をつみたてNISAでeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)に投資しているのと同じだ。どちらも利益にかかる税金は非課税だ。でもiDeCoの強みはこれだけではない。投資した金額が所得から控除されるのだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル