top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

大河ドラマ「青天を衝け」の主人公、渋沢栄一は「明治の鉄道王」だった!

J-CAST会社ウォッチ

2021年2月14日から放送が始まるNHK大河ドラマ「青天を衝け」。日本の「資本主義の父」と言われる渋沢栄一の生涯を描く。銀行をはじめ多くの企業の設立に深くかかわった渋沢は、45もの各地の鉄道会社の設立に関与した「明治の鉄道王」でもあった。

社会インフラの重要な基盤の一つである鉄道に、渋沢はどんな可能性を見たのか――。本書「渋沢栄一と鉄道」は、渋沢栄一の事績から日本の鉄道黎明期を読み解いた本である。

「渋沢栄一と鉄道」(小川裕夫著)天夢人発行、山と渓谷社発売

パリ万博後にヨーロッパで「乗り鉄」

著者の小川裕夫さんは、フリーのライター、カメラマン。著書に「私鉄特急の謎」(イースト新書Q)、「歴史から消された禁断の鉄道史」(彩図社文庫)など鉄道関連書もあるが、鉄道専門ライターではないという。2017年に「東京王」(ぶんか社)という本を出し、そこで渋沢栄一に多くのページを割いた。生涯で500社を超える企業と約600の団体の設立にかかわったとされる渋沢を「鉄道」という切り口で見ると、公益を重視する姿勢がわかるという。

渋沢の初の鉄道体験は、1867(慶応3)年にエジプトのスエズからアレクサンドリアまでの乗車だ。15代将軍の徳川慶喜は弟の徳川昭武をフランス・パリで開催される万国博覧会に派遣。渋沢も会計担当と世話係として同行した。

万博の閉幕後、昭武一行はヨーロッパ各国を汽車で巡歴した。ベルギーでは鉄工所を見学した翌日に国王に謁見した。「日本はベルギーから鉄を買ってください」と打診する国王に驚いたという。国王がトップセールスする姿に感銘を受け、このエピソードを講演でたびたび話した。

広告の後にも続きます

会計係だった渋沢はフランス滞在中に公債を買い、かなりの差益を得た。経済というシステムについて考えるきっかけになった。

帰国後、大隈重信にスカウトされ民部省で働くようになった渋沢は、改正掛として富岡製糸場の建設などを立案した。その後、官職を辞して民間に転じて、銀行業・製紙業で基盤をつくりつつ、鉄道業界へと進出を図る。

TOPICS

ジャンル