top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

ケイト・ウィンスレット×シアーシャ・ローナン!「ゴッズ・オウン・カントリー」のフランシス・リー監督が描く新たな愛の物語『アンモナイトの目覚め』予告解禁!

cinefil

長編デビュー作『ゴッズ・オウン・カントリー』でその繊細な手腕を高く評価されたフランシス・リー監督の最新作、『AMMONITE(原題)』が邦題『アンモナイトの目覚め』として、4月9日(金)TOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次公開となります。

2020年、開催を見送られた第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクションに選ばれ、第45回トロント国際映画祭で「ようやく観ることができる!」と観客の熱気が最高潮に高まり、アカデミー賞最有力の賞賛を集める話題作。

注目のキャストには、四半世紀にわたって世界の映画界の中心的存在と称えられるアカデミー賞女優ケイト・ウィンスレットと、26歳にしてその鮮烈な演技でアカデミー賞4度のノミネートを誇るシアーシャ・ローナンが初共演。
世に忘れられた古生物学者メア リーと、裕福な化石収集家の妻シャーロットという、真逆でありながら、ともに孤独を抱えた女性を演じた2人は、アカデミー賞大本命との呼び声も高く、映画ファンなら見逃せな い演技合戦が、観客を圧倒する。

女性の生きやすい世の中を創り出そうとする時流に乗って、歴史に埋もれながらも自分を貫いた実在の古生物学者メアリーにスポットライトを当て物語を紡いだのは、長編デビュー作『ゴッズ・オウン・カントリー』でその繊細な手腕を高く評価されたフランシス・リー 監督。
本作は彼の長編2作目だが、ケイト・ウィンスレット、シアーシャ・ローナンという最高峰のキャスティング(すべて監督の第一希望)や、プロデューサーに『英国王のスピーチ』『SHAME -シェイム-』『LION/ライオン ~25年目のただいま~』のイアン・カニングが付いていることからも、映画界での監督への映画界の注目度の高さがうかがえる。

日本公開決定と合わせ、本作のポスターと予告編も解禁!

広告の後にも続きます

ポスターでは、それぞれ違う境遇で孤独を抱えて生きてきたメ アリーとシャーロットの姿が描かれ、キャッチコピーの【見つけて、泥の中の私を。】という言葉が2人の切実な想いを想起させる。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル