top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

大阪アジアン映画祭のオープニング作品は、香港映画界の巨匠、アン・ホイ監督の素顔を描いた『映画をつづける』クロージング作品には、池松壮亮主演、石井裕也監督『アジアの天使』に決定!

cinefil

「大阪発。日本全国、そしてアジアへ!」をテーマにお届けする大阪アジアン映画祭。
今年で 16 回目となる同映画祭の開催概要、プログラム概要などが発表されました。 今回は、トークやサイン会など交流の場については設けませんが、例年のスクリーン上映に加え、過去に大阪アジアン映画祭で上映された作品を「大阪アジアン映画祭オンライン座」としてオンライン上映いたします。コロナ禍で映画鑑賞を取り巻く状況が変化するなか、より幅広い層に対して映画文化およびアジア映画の魅力を伝えます。

そして、この度、第 16 回大阪アジアン映画祭のオープニング作品に、香港映画界の巨匠、アン・ホイ監督の素顔を通して、生きることの力を描き出したドキュメンタリー『映画をつづける』(原題:好好拍電影/英題:Keep Rolling)に決定しました。 監督を務めるのは、美術指導、衣装デザインのベテランで、アン・ホイ監督の作品にも携わってきたマン・リムチョン。3 月5 日(金)梅田ブルク 7 にて日本初上映いたします。また、同じくクロージング作品には、池松壮亮主演、石井裕也監督・脚本の日本映画『アジアの天使』が決定しました。2021 年内の全国公開に先がけ、3 月 14 日(日)に世界初上映をいたします。

大阪アジアン国際映画祭 オープニング作品
『映画をつづける』

香港映画界の巨匠、アン・ホイ監督の素顔を通して描き出す、生きることの力

広告の後にも続きます

香港のアカデミー賞である香港電影金像奨で『桃さんのしあわせ』(桃姐/2011)、『⻩金時代』(2014/OAFF2015 上映)などの作品により最優秀監督賞に6度輝くなど、香港映画界の代表的存在であるアン・ホイ。本作では、70 年に及ぶ彼女の人生を、豊富な映像資料と、家族や映画界の錚々たる面々へのインタビューで振り返り、 彼女の素顔を通して生きることの力を描き出す。キャリアの中で多くの浮き沈みを経験してきたアン・ホイだが映画への愛と信念は変わらない。常に市場の人々と同じ目線でいるアン・ホイは、これからも香港の人々のため“映画をつづける”と決意を語る。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル