top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

裏おとぎ話サスペンス『哀愁しんでれら』渡部亮平監督インタビュー「“大きな愛”は素晴らしいが、反面怖さも含んでいる」

ガジェット通信

幸せを追い求めたその女性は、なぜ社会を震撼させる凶悪事件を起こしたのか? 土屋太鳳さん主演、田中圭さん共演のヒューマンサスペンス『哀愁しんでれら』が2月5日より公開となります。

【ストーリー】児童相談所に勤める平凡な女性が、一晩で怒涛の不幸にあい、すべてを失ってしまう。 人生を諦めようとしていた彼女だったが、8歳の娘を男手ひとつで育てる開業医と出会い、 優しく、裕福で、王子様のような彼に惹かれていく。 彼の娘とも仲良くなり、プロポーズを受け入れ、不幸のどん底から一気に幸せの頂点へ駆け上がる! まさにシンデレラとなった彼女は、夫と娘と共に幸せな家庭を築いていこうと決意し、 新婚生活を始めるのだが、その先には想像もできない毎日が待っていた・・・。

本作の脚本・監督を務めたのは、本作『哀愁しんでれら』でTSUTATA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016グランプリ作品を獲得した、渡部亮平監督。自主制作映画がぴあフィルムフェスティバルに入賞、テレビドラマ、映画の脚本を中心に活動しながら、CMやMVなどへも活躍の幅を広げている今注目の監督が、現代を舞台にした“裏”おとぎ話を美しい映像で紡ぎます。渡部監督に本作への想い、制作秘話などを伺いました!

――本作面白く、怖く、観させていただきました。まずは『哀愁しんでれら』の構想がどの様に生まれたのかを教えてください。

渡部監督:元々あたためていた話を基に書いたのですが、構想のきっかけは個人的な体験にあります。僕の好きだった女の子が、本当にあっという間に結婚した事があって、ちょっとショックだったんです(笑)。その時、ちょうどオリジナル脚本を書かないといけないタイミングで、「あっという間に結婚した人のその後の人生ってどういう感じなのだろう」という大まかな話の流れを作って。『哀愁しんでれら』はその構想に、最近自分が感じている事を取り入れつつ、エンターテイメント作品にしたいなと考えました。

広告の後にも続きます

――映画の中にもシーンとして出てきますが、「運動会をもう1回やれ」と学校を脅迫した親の事件もストーリーをふくらませるきっかけになったそうですね。

渡部監督:そういったニュースとかを日々見ていて、思った事や感じた事は取り入れています。児童虐待のニュース等を見て、すごく嫌だなと思うのですが、自分は親では無いし、もしかしたら加害者たちも親になる前は「こんな親には絶対ならない」と思っていて、僕ら側にいたのかもしれないし。一概に「ひどい親だ」と言えない部分もあるのでは無いかと考えてしまうんです。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル