top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

体質に合った食生活と「やみつきズボラ飯」でコロナ太り解消を…管理栄養士・高杉保美さん

たべぷろ

コロナ禍のいま、外出が減ったことから「コロナ太り」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。管理栄養士の高杉保美さんは、業界最大手のパーソナルトレーニングジムで2000人以上の栄養指導を行い、ご自身も半年間でマイナス15kgのダイエットに成功しています。そんな高杉さんが考案したダイエットメソッドや痩せるための秘訣、やみつきズボラ飯について教えていただきました。

体質は4つのタイプに分けられる 圧倒的に多いのは「糖質過剰」タイプ

業界最大手のパーソナルトレーニングジムで2000人以上のカウンセリング、栄養指導を行い、体質や悩みに合った食事を提案してきました。その経験から分かったのは、体質は、食生活や生活習慣などにより「糖質過剰」「脂質過剰」「代謝不良」「ビタミン・ミネラル不足」の4タイプに分けられるということでした。

中でも圧倒的に多いのは、炭水化物や甘い物をよく食べる「糖質過剰」タイプ。このタイプの人は食事で太るのが特徴なので、ごはん、パン、麺などを控え、肉、魚、卵、大豆製品を食べるなど、食事を少し工夫すれば痩せやすいといえるでしょう。

女性に多く見られ、脂身の多い肉や揚げ物が好きな方が当てはまりやすいのが「脂質過剰」タイプです。このタイプの人は、揚げ物、ドレッシング、マヨネーズなど太る油を控えるのがポイントです。

見た目は太っていなくても、筋肉量が少なく、代謝が悪い「代謝不良」タイプは、たんぱく質が不足しがちです。たんぱく質を多く取り、先に食べることで効率良く吸収できます。

広告の後にも続きます

お酒をよく飲む方に多いのが「ビタミン・ミネラル不足」タイプ。栄養バランスを整えるためにも、さまざまな食材を食べ、間食にはナッツや乳製品を取ることも大事です。

ダイエットで大切なのは、自分の体質を見極めることです。体質に合わせて食生活を改善していけば、効率よく痩せることができるはずです。

経験を元にした「やみつきズボラ飯」 野菜やたんぱく源が簡単に取れる

TOPICS

ジャンル