top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

東京五輪反対に自ら火に油を注ぐとは! 森喜朗会長の「差別発言」に海外メディアが呆れ返った(2)

J-CAST会社ウォッチ

「女性の話は長い…」

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の発言が「女性差別」だとして、日本はおろか世界中で物議をかもしている。

オリンピックの最大の理念である「男女平等」に反する点が問題になっているのだ。

「こんな人物が東京五輪のトップなのか」

と海外メディアが呆れている。これで東京五輪は終わりか…?

「有名人は田んぼの中を走れ」にタレントが激怒

さらに、森喜朗会長には3つ目の問題発言がある。2月2日、自民党本部での合同会議で、聖火リレーについてこう発言したのだった。

「密になるのはだめだということですが、出るほうも見るほうも楽しみにしている。人気のあるタレントはあまり人が集まらないところを走ったらいいじゃないか、田んぼで走ったらいいんじゃないかという声もあります」

と言い放った。

広告の後にも続きます

この発言に激怒したのが、お笑いタレントの田村淳さんだ。聖火リレーランナーに選ばれていたが、2月3日、youtube動画で「ご迷惑にならないよう辞退します」と公表した。2月4日放送の日本テレビ系情報番組に出演した田村淳さんは、森会長の発言にこう怒りをぶつけたのだった。

「田んぼを走ればいいという発言より、(田んぼを走らせてまでして)どんな形でもオリンピックをやるんだということに同意できないんです。強引にやってだれが幸せになるのかと。それに田んぼを走れという言い方は、農家の人にもタレントさんにも失礼じゃないですか。この人の、人を見下す態度は昔から全然変わっていないなと思いました」

こんななか、2月4日午前、毎日新聞オンライン版が「スクープ」を配信した。「森喜朗氏、会長辞任の可能性に言及『女性が…』発言の波紋拡大で」というショッキングな見出しである。単独取材に成功した鈴木琢磨記者による記事で、森会長の心境をこう書いていた。

「森会長は2月4日、毎日新聞の取材に応じ、『女性を蔑視する意図は全くなかった』と釈明した。森会長は自身の去就に触れ、『辞任を求める声が強くなれば、辞めざるを得ないかもしれない』と、辞任の可能性に言及した。森会長は『軽率だった。おわびしたい』と述べ、発言の真意について『一般論として、女性の数だけを増やすのは考えものだということが言いたかった』と説明した。

森会長「女房、娘、孫娘にまで叱られたよ」

TOPICS

ジャンル