top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

緊急事態宣言延長、頼みの東京五輪が混迷 ワクチン接種も混乱? 菅政権「背水の1か月」(1)

J-CAST会社ウォッチ

菅義偉首相が10都府県を対象に、緊急事態宣言の1か月延長を決めた。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大が改善し、3月7日までに宣言を解除できなければ、「菅おろし」は避けられない状況だ。

そのためには、「国民の協力」「ワクチン接種」が必須条件だが、お先真っ暗の状態だという。

追い込まれた菅政権の「背水の1か月」が始まった。

自民幹部「東京五輪開けなければ首相交代だな」

菅義偉首相にとって、緊急事態宣言の延長は「背水の1か月」になりそうだ。菅首相は1月7日に緊急事態宣言を出した際の記者会見で、隣にいた政府対策会議分科会の尾身茂会長が、

「1か月で宣言を解除するのは至難の業だ」

広告の後にも続きます

と語ったにも関わらず、

「1か月後に必ず事態を改善させ、解除してみせる」

と豪語したのだった。

TOPICS

ジャンル