top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

立春(りっしゅん)の二十四節気発酵レシピ│菜の花の塩麹ごま和え、他2品

haccola

2021年2月3日~2月17日は、二十四節気の「立春」にあたります。二十四節気(にじゅうしせっき)とは古代中国から伝わったもので、春夏秋冬の季節をさらに約15日間ずつ分けた暦です。

二十四節気最後の暦である前回の「大寒(たいかん)」では、1年で一番厳しい寒さを迎えました。だんだん春の足音が感じられた期間でもありましたね。
今回ご紹介する「立春」はどのような季節を迎えるのでしょうか?旬の野菜、花、動植物たちの紹介とともに旬の発酵レシピをご紹介します。

‌立春(りっしゅん)とは

‌ ‌
2021年2月3日~2月17日は立春です。旧暦ではこの季節から新年が始まります。(立春から一番近い新月がその年の元旦)そのため「正月節」「歳首月」とも呼ばれています。
2月3日に立春を迎えるのは、明治時代以降の124年ぶりになるそうです。

春は芽吹きの季節。春は「張る」「晴る」が語源です。冬に積もった雪が解けて水が「張る」様子が見え始め、太陽の日差しがあたたかく感じられる「晴る」日が多くなってくる季節になります。冬に眠っていた動植物たちがそろそろ目を覚まし、のびのびと体を動かし始める頃です。

立春 七十二候

‌ ‌

春風解凍(はるかぜこおりをとく)

広告の後にも続きます

‌ ‌
春風が吹き、張りつめていた氷が解ける頃。だんだんと春を感じるようになる

‌黄鶯睍睆(うぐいすなく)

‌ ‌
年の最初に鳴く鶯の声を「初音(はつね)」という

‌魚上氷(うおこおりをいずる)

TOPICS

ジャンル