top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

松居大悟監督 最新作 & 成田凌主演!『くれなずめ』予告が公開!ウルフルズが本作のために書き下ろした主題歌も合わせて解禁!

cinefil

ドラマ「バイプレイヤーズ」 シリーズや映画『アズミ・ハルコは行方不明』 『アイスと雨音』な ど、多岐にわたる活躍を見せている松居大悟監督が成田凌を筆頭に個性派かつ実力派の俳優たちを迎えた映画『くれなずめ』。

このたび、本作の公開日が 4/29(木・祝)に決定、さらにポスタービジュアルと予告映像、ウルフルズが本作のために書き下ろした主題歌も合わせて解禁!

高校時代、帰宅部でつるんでいた6人の仲間たちが、友人の結婚 披露宴で余興(赤フンダンス!)をやるべく 5 年ぶりに集まった。 久しぶりに出会った彼らは、その余興の後、“披露宴”と“二次会”の 間の妙に⻑い“狭間”の時間を持て余しながら、昔の思い出に想いを馳せる。「しかし吉尾、お前ほんとに変わんねぇよな。なんで そんなに変わんねぇの? まあいいか、そんなのどうでも」そう、ぼくたちは認めなかった。友人がある日突然、死んでしまったことをー。
この微妙な“狭間”の時間に起こる出来事は見るものの予想を超えていく。 かつて松居監督自身の実体験をモチーフに書かれた完全オリジナルの舞台劇を、錚々たるメンバーと共に映画化。先日放送が開始された NHK 連続テレビ小説「おちょやん」でもメインキャストとして出演する 気鋭の演技派俳優らを含め、個性的かつ実力派の豪華俳優が勢揃いしました。

ポスタービジュアルは久々の再会を果たした後、カラオケボックスで熱唱する6人の姿を切り取ったもの。 「思い出にするくらいなら忘れてやる」「過去を書き換えろ」という寂しさを強がりで吹き飛ばそうとする男たちのs 熱情が感じられる、単なる⻘春ものとは一線を画す、インパクトのある熱いビジュアルとなっております。

©2020「くれなずめ」製作委員会

広告の後にも続きます

主題歌は、松居監督たってのリクエストで実現、本作のためにトータス松本が書き下ろしたウルフルズの新曲「ゾウはネズミ色」。松居監督は『ありがとう以上の言葉があればいいのにって何度も思いました。間違い続けて、映画『くれなずめ』を作ってよかったです』と熱い感謝を述べ、主演の成田凌も『初めて聴いた時は、身体に染み込みながら響ききった感じがして、映画終わった後のエンドロールの風景で、曲が入るのかって思ったら鳥肌が立ちました』と大絶賛するこの曲は、ウルフルズ のトータス松本が、劇中で6人が赤フン姿でダンスを披露する曲「それが答えだ!」の『アンサーソングを意識して作りました』という楽曲。『あれから約20 年経って、「答えとは何か」と言えるようになっているかというと全然そんなことはない。生活していく上で色んなことは学ぶけど、「答え」には辿り着かないということが、昔よりもさらによく分かってきた。だけど「そういうもんなんじゃないの」と思っています』とコメントを寄せています。

主題歌へのコメント

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル