top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

コロナ禍で運動不足 マンネリ生活にあえて「健康」を取り入れる!【ひろ子ママの教訓 その39】

J-CAST会社ウォッチ

きょうは久しぶりにOさんがいらっしゃっています。お顔がまん丸ですね。コロナ太りですね。

「そうなんです。昨年からのコロナ太りに加えて、お正月太りも加わり、今のようになりました。50代を過ぎてから健康には気をつけていたつもりですが、昨年の健康診断を受けた結果が戻ってきて、さらにガックリしているところです」

しばらくは今の在宅スタイルの生活が続きそうですね。運動不足、お正月太りの解消を2021年の目標に入れてみてはいかがでしょう。ポイントは在宅勤務の中に、生活のメリハリを作ることです。

在宅勤務の生活にあえて「運動」の時間を作り出す!

ビデオリサーチの調査によると、コロナ禍において体調の変化を感じている人は2020年7月時点で7割に達しているそうです。さらに寒い季節には運動量が減っていることで、今後ますます健康に影響が出てくると予想されています。

在宅勤務の増加、外出の減少により行動がパターン化し、メリハリのない生活はストレスに繋がります。この制限のある生活だからこそ、意識してメリハリを作り出しましょう。

たとえば、コロナ禍以前、東京都内で電車に乗ってどこかに出かけていた頃は、歩数を気にしなくても勝手に1日8000歩くらい歩いていたものでした。出勤、買い物など日々の生活の中に、勝手に運動が組み込まれていたんですね。

広告の後にも続きます

ちなみに、私は一回目の緊急事態宣言が出された頃から継続的に運動、散歩で毎日8000歩は歩くように心がけています。4~9月頃までは過ごしやすい季節のせいか、散歩をしている人とよくすれ違いましたが、昨秋から冬、現在にかけては散歩している人が減っている実感があります。

また、年齢を重ねていくにつれ、自然と代謝や筋肉量が落ちてきます。やはりあえて運動する時間を作ることが大切です。痩せるというよりは筋肉量を減らさないという目標にしてもいいかもしれません。

TOPICS

ジャンル