top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

相国寺・金閣・銀閣 宝物展 梅の余薫 / 相国寺の歴史と寺宝

cinefil

梅の香がほのかに薫る季節になりました。
このたび、京都・相国寺承天閣美術館で、1月31日より4月18日まで、相国寺と金閣寺、銀閣寺の歴史と宝物を紹介する展覧会が開催されます。

相国寺は1392年に室町幕府三代将軍、足利義満によって創建された禅宗寺院です。
足利家の邸宅、花の御所の東に隣接し、義満以後、十三人の歴代足利将軍の位牌を安置する塔頭がかつては存在していました。
また、足利義満ゆかりの鹿苑寺(金閣)や足利義政ゆかりの慈照寺(銀閣)も相国寺の山外塔頭に含まれます。

今回は禅僧と梅の文化史をテーマとした企画と、相国寺の歴史を室町から近代までたどる企画をご覧いただけます。
禅僧たちが好んで描いた様々な梅の作品をはじめ、中世の相国寺を象徴する《足利義満像》のほか、相国寺ゆかりの伊藤若冲筆《群鶏蔬菜図押絵貼屏風》を展示するなど、相国寺、金閣寺、銀閣寺の宝物が一挙公開されています。
梅の風情が感じられるこの季節、是非、相国寺承天閣美術館を訪れてみてください。
それでは展覧会の構成に従って、いくつかの作品をみていきましょう。

《足利義満像》 飛鳥井雅縁賛 一幅 絹本著色 室町時代 十五世紀 鹿苑寺蔵

1梅の余薫

禅宗は鎌倉時代から室町時代にかけて大陸から日本に伝来しました。
そして同時にもたらされた大陸の文化の影響を受けて、水墨画、茶道や作庭など日本文化が生み出されたのです。
古代より『万葉集』では多くの梅の歌が詠まれました。
平安時代、太宰府天満宮の「飛梅伝説」ともなった、「東風吹かば匂い起こせよ梅の花、主なしとて春なわすれそ」という菅原道真公の歌が思い出されます。
僧侶たちは、厳しい冬の寒さの中、蕾をつけ、春の訪れを告げる梅を様々な思いで描きました。相国寺、金閣寺、銀閣寺に伝来する寺宝から、梅に関わる作品をご覧ください。

序章 大陸の梅

広告の後にも続きます

様々な梅にまつわる大陸のエピソードが受け入れられ、重層的な世界観が広まります。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル