top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

初長編で米アカデミー賞の前哨戦のIDA賞のショートリストに選出! 自らが被害者だった監督自身が、オウム真理教(現 Aleph)の広報部長と対峙!『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』

cinefil

地下鉄サリン事件の被害者がオウム真理教(現 Aleph)に迫るドキュメ ンタリー映画『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』が、シアター・イメージフォーラムにて、事件からちょうど26年経つ3月20日(土)に公開されることが決定いたしました。

©2020 Good People Inc.

事件の被害者である監督が、
今なおオウム真理教を信仰する広報部長と対峙する。
故郷を旅し過去を振り返る、心揺さぶるドキュメンタリー。

1995年、オウム真理教が引き起こし日本中を震撼させた地下鉄サリン事件。通勤途中で被害にあった本作監督さかはらあつしは、事件から20年の時を経てAleph(オウム真理教の後続団体)の広報部長・荒木浩と対峙する。さかはらと荒木は、ともに所縁の地を訪ねる旅に出て対話を繰り返す。凄惨な事件後もなお信者でありつづける心のありようとは何か。人を救うのではなく苦しめる宗教とは?監督は友人を諭すように、荒木に接し、その心の内に迫ろうとする。オウム真理教を捉えたドキュメンタリー作品では森達也監督『A』『A2』が知られているが、本作がユニークな視点を提示するのは、「被害者」自らが「加害者」に迫るところにある。これは、世界的にも稀有な例であろう。

©2020 Good People Inc.

©2020 Good People Inc.

広告の後にも続きます

©2020 Good People Inc.

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル