top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

東京五輪、緊急事態宣言延長で「お先真っ暗」 決められないバッハ、頼みのバイデン米大統領の評判(3)

J-CAST会社ウォッチ

2021年2月1日、11の都府県への緊急事態宣言の期限が7日に迫るなか、政府は宣言を1か月延長する方針を固めた。2日に諮問委員会に諮り、政府対策会議を開き、正式決定する。

3月まで緊急事態宣言が延長されると、そうでなくても開催に反対する世論が強い東京五輪・パラリンピックはますます厳しい状況に追い込まれそうだ。

菅義偉首相はあくまで、

「新型コロナ感染症ウイルスに勝った証にする」

というスローガンを降ろしていないのだが……。

「バイデン頼みだ。バッハなんかに決められない」

こうしたなか、五輪組織委のキーマンが海外メディアに発言した内容が物議を醸(かも)している。組織委の高橋治之理事が米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューに応じて、

「オリンピックはアメリカ次第。バイデン大統領が前向きな発言をしてくれれば勢いがつく」

広告の後にも続きます

と語ったという。

ウォール・ストリート・ジャーナル電子版(2021年1月27日)「Olympic Official Seeks Biden’s Help to Save Tokyo Games:’It’s Up to the U.S.’」( 東京五輪開催は米国次第:組織委理事 バイデン氏の支援に期待」)によると、高橋氏は、こう語ったのだった。

「バイデン大統領は(米国内で)コロナウイルスの厳しい状況に対処している。バイデン氏が、何とかしてオリンピックを開催しようという前向きな発言をしてくれれば、懐疑的な日本国民に影響を与え、アスリート派遣に自信を持てない国々を安心させることができる」

「すべては米国次第」と報じたウォール・ストリート・ジャーナル電子版(2021年1月27日付)

TOPICS

ジャンル