top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

"人はどう死ぬべきなのだろうか–?"長尾和宏のベストセラー原作を映画化!柄本佑主演『痛くない死に方』高橋伴明監督のオフィシャルインタビューが解禁!

cinefil

柄本佑主演・高橋伴明監督の、在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏のベストセラー「痛くない 死に方」「痛い在宅医」の映画化『痛くない死に方』が 2 月 20 日(土)より全国順次公開とな る。

©「痛くない死に方」製作委員会

『痛くない死に方』は、日々仕事に追われ、家庭崩壊の危機に陥っている柄本佑演じる河田仁が、 大病院でなく在宅医だからこそできる医療を模索し、人と向き合うことを実践していく成長物語。

父親のために、痛みを伴いながらも延命治療を続ける入院ではなく“痛くない在宅医”を選択し たのに、父親が苦しみ続けてそのまま死んでしまい、自分を責める智美役に坂井真紀。「カルテ でなく人を見ろ」がモットーの、柄本演じる在宅医の先輩・長野浩平役に、奥田瑛二。奥田演じ る長野と在宅医療を支える看護師・中井春菜役に余貴美子。そして、柄本が新たに担当すること になる明るい末期の肝臓がん患者・本多彰役に宇崎竜童、その妻・しぐれ役に大谷直子と、実力派俳優が勢ぞろいした。
この度、2月18日にブックマン社より発売になる、映画「痛くない死に方」読本(定価 1100 円+税 B5正寸 128頁)より、監督・脚本の高橋伴明のオフィシャルインタビューの一部が届いた。

高橋伴明監督

広告の後にも続きます

Q. 高橋監督の作品は、今までも死の匂いがする作品は多々ありました。しかし、ここまでストレートに「死に方」をテーマに選ばれたのは今作が初めてですね。映画監督としての、社会的な責務のような思いがあったのでしょうか。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル