top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

大人が本気で泣ける、福山雅治と石田ゆり子のラブストーリー「マチネの終わりに」(2019)

エンタメウィーク(映画)

大人が本気で泣ける、福山雅治と石田ゆり子のラブストーリー「マチネの終わりに」(2019)

解説

東京、パリ、ニューヨークを舞台に音楽家とジャーナリストの愛の物語を描いた芥川賞作家・平野啓一郎の同名ベストセラー小説を福山雅治、石田ゆり子主演で映画化。パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせていくが、洋子には婚約者である新藤の存在があった。そのことを知りながらも、自身の思いを抑えきれない蒔野は洋子へ愛を告げる。しかし、40代の2人をとりまくさまざまな現実を前に、蒔野と洋子の思いはすれ違っていく……。蒔野役を福山、洋子役を石田がそれぞれ演じ、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行らが脇を固める。監督は「容疑者Xの献身」「昼顔」の西谷弘。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

恋愛もの大好きOLさん ★★★★★

ギタリストの主人公に福山雅治をキャスティングした時点で、もうこの映画は勝ったようなもの。役者としても活動している彼は、やはり素晴らしかったです。

まず、めちゃくちいゃかっこいいい。アラフォーの疲れ切った天才ギタリストの薪野は、福山雅治本人が没入できそうなキャラクターで、だからこそ演技があれほど滑らかで自然な彼は初めて観たかもしれない。劇中の演奏も全て自身で行なっていて、そのギターの音色が本当に良いです。

そんな彼が恋に落ちる小峰を演じるのが、石田ゆり子。そこに存在するだけで、ものすごい安心感と素敵な女性感を嫌味なく、いやらしさなく出せる女優さん。パリで暮らす彼女のファッションが、とてもオシャレで可愛い。二人の恋に落ちるまでのスピードの速さと対になるかのように、彼らが一緒になるまでの時間が長い。日本にいる薪野は彼女と結ばれようとしていたのに、桜井ユキ演じるマネージャーがそうさせない。何年も二人がすれ違っていく様子は、まさに大人の恋そのものを描いているのかもしれません。純愛が美しい。本当に切ないラブストーリーで、そこに美しい映像と美しいギター演奏が加わり、大人向けの泣ける恋愛映画でした。


「マチネの終わりに」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル