top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

42年ぶりに篠田正浩監督、坂東玉三郎主演の不朽の名作『夜叉ヶ池』4Kデジタルリマスターで蘇る!公開当時のマーティン・スコセッシ監督からの手紙も公開!

cinefil

松竹は、昨年2020年に、映画製作を開始して100周年を迎え、その記念プロジェクトの締めくくりとして、1979年に公開した篠田正浩監督・坂東玉三郎主演作品『夜叉ヶ池』を4Kデジタルリマスター版で42年ぶりによみがえらせることが発表されました。

©1979/2021 松竹株式会社

この作品は、幻想文学の礎を築いた泉鏡花の原作を、『梟の城』(99)や『スパイ・ゾルゲ』(03)などで知られる巨匠・篠田正浩監督が、1979年に取り組んだ意欲作です。
その流麗な美しさと芸の卓越さにより歌舞伎界を一世風靡していた女形の坂東玉三郎さんが初めて映画に出演し、村に暮らす女性の百合と夜叉ヶ池の竜神・白雪姫の一人二役を演じて泉鏡花の妖艶な 世界を表現するということで、製作当初からその壮大なプロジェクトが話題となりました。
共演には、百合の夫で鐘楼守として暮す晃役に加藤剛、晃の友人で失踪した晃の足跡を追う学者の山沢役に山崎努、白雪姫の眷属、湯尾峠の万年婆役に丹阿弥谷津子と、実力を備えた多彩で豪華な顔ぶれが勢揃いしました。

舞台は福井県と岐阜県の県境辺り。三国嶽のふもとの琴弾谷に夜叉ヶ池の伝説の調査に来た学者の山沢(山崎努)は、迷いこんだ池のほとりで、息を飲むほど美しい女性と出会う。百合(坂東玉三郎)というその女性は、夫と二人で鐘楼守をしているという。家に招かれた山沢は、かつての親友で、夜叉ヶ池の調査に出たまま帰らぬ晃(加藤剛)が百合の夫であることを知 り驚愕する。夜叉ヶ池には竜神が封じ込められていて、一日に三度鐘を撞かなければ竜神が再び暴れて洪水を引き起こし、村が流されてしまうため、鐘楼守をすることになったのだという。
しかし、ある出来事がきっかけとなり、平穏な日々が破られることになるのだった――。

脚本は、篠田監督とともに松竹ヌーベルバーグと称されたメンバーの一人で、多数の作品を手掛けた田村孟と、『天城越え』(83)などの監督作品で知られる三村晴彦。撮影は小杉正雄と坂本典隆、音楽はシンセサイザー音楽作家としても世界的に 知られる冨田勲、美術はアーティストとしても名高く舞台美術でも著名な粟津潔、朝倉摂、横山豊と、各界でトップランナーとして活躍する錚々たる顔ぶれが集結しました。

広告の後にも続きます

また、鏡花の幻想的な世界観を表現するために、日本の特撮技術の基礎を築き、『宇宙からのメッセージ』(78)、『里見八犬伝』(83)、「秘密戦隊ゴレンジャー」(75)など数々の作品を手掛けた特撮監督の矢島信男により、当時として最先端の特撮技術を駆使してファンタジックな世界を映像化しました。 そしてなんといってもクライマックスの洪水のシーンの撮影のために、ブラジルのイグアスの滝やハワイを始めとする海外ロケを敢行、また矢島信男特撮監督の指揮のもと、大船撮影所のステージを大改造して作ったセットで50トンの水を使って村が流される大洪水シーンを作り上げ、まさに圧巻の一言に尽きる一大スペクタクルシーンが実現しました。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル