top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

坂上&指原MC番組、赤字店立て直し企画に「店主がかわいそう」の声が続々

アサ芸プラス

 1月24日放送の「坂上&指原のつぶれない店SP」(TBS系)が波紋を呼んでいる。この日は「つぶれそうな店」を経営のプロが全力で建て直すという企画がオンエアされた。

「東京・板橋で約40年、地元に愛されてきた人情居酒屋の客足が激減。73歳の高齢の女店主は時代に対応しようと、タコのカルパッチョやミネストローネなど、自慢の腕をふるって様々な料理メニューを開発してきたのですが、それも増客に結びつかず四苦八苦。そこで番組に『牛角』や『温野菜』など次々とヒットに導いてきた外食チェーンの天才・西山知義氏が、そこを繁盛店にさせるという構図までは良かったのですが……」(芸能ライター)

 西山氏は、女店主が作る手作り感満載、優しさのあふれ出た料理を食べたにもかかわらず、リニューアルさせる店のコンセプトを、彼女の了解や相談もなく、メンチカツ一本の店にすると言い出したのだ。それも「白いメンチカツ」という、素人の発想では行きにくいメニューを考案。女店主と娘さんは、西山社長の意見をただ黙って聞いている他なかった。

 しかも新店舗のための工事費などはいっさい、番組は出すことなく、すべて女店主の自腹。残っている貯金20万円を全額はたき、さらには130万円で買って以来、ずっと大事にしてきた着物を査定してもらうことに。しかし、1万円の値さえつかずに落胆。それでも足しになればと泣く泣く売りに出した。そして社長のコンセプトに素直に従い、「白いメンツカツ」を作り出そうとするもこれも大苦戦。

 これにはSNS上で〈なんかお母さんかわいそう、、たしかに赤字はきついけど、なんかなぁーこれでめちゃくちゃ繁盛しても、それは本当にお母さんの意向ではない気がして〉〈番組で資金持ったれよ見ててかわいそうやわ思い出の着物1万円とか〉〈あの視察をして、何で揚げ物やねん。お母さんおもちゃにされてかわいそう〉と、女店主への同情の声が。

広告の後にも続きます

 そしていざオープンしようとした直前、緊急事態宣言が発令される。もちろん夜8時までの営業であれば特に問題ないのだが、これまで意のままにプロデュースしてきたように見えた西山社長は、初めて「お母さんの店だから」と、いきなり女店主にオープンをゆだねるという、“放置プレー”に。女店主は「周りの目の気持ちもあるから」ということで、延期を決断。解除後のオープンを誓っていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル