top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

ケンウッドが2カメラドライブレコーダー2機種 前後撮影対応と車室内撮影対応

もっとエンタメ

 音響や通信機器のJVCケンウッドは、ケンウッドブランドの2カメラドライブレコーダー「DRV-MR760」、「DRV-MP760」の2機種を発表した。DRV-MR760は前後方向の同時録画、同MP760は前方と車室内の同時録画に対応。また2機種ともに、音声操作やあおり運転検知などの新機能も加えている。発売時期と価格は、DRV-MR760が市場価格3万5,000円前後(税込み)で2月中旬、DRV-MP760が3万7,000円前後(同)で3月中旬の予定。

 明るいF1.8レンズ、フルハイビジョン録画、急激な明暗変化にも対応するHDR機能、駐車録画機能などを備えたレコーダーをベースに、DRV-MR760では後方カメラもフルハイビジョン録画やHDR機能に対応して、より鮮明な記録が可能。またDRV-MP760では、車室内カメラに超ワイドレンズを採用して左右の窓越しに車の側面の状況も記録して、側面からの衝突や接触事故にも対応する。

 3つの基本操作(録画開始、写真撮影、表示切替)を音声で実行させられる新機能で、ハンドルから手を離さずに緊急的な手動録画の開始ができるようになった。あおり運転の検知は、前方車の割り込み運転や蛇行運転の繰り返し、後方車の急接近を検知して、ドライバーに警告音と画面表示で知らせ、自動で録画を開始する。従来からの前方衝突警告や車両逸脱警告などの運転支援機能がさらに充実した。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル