top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

横浜流星のドストレートなスポ根映画にじーん!「チア男子!!」(2019)

エンタメウィーク(映画)

横浜流星のドストレートなスポ根映画にじーん!「チア男子!!」(2019)

解説

「桐島、部活やめるってよ」「何者」で知られる直木賞作家の朝井リョウが実在する男子チアチームをモデルにし、アニメや舞台にもなった同名小説を横浜流星と中尾暢樹の主演で実写映画化。柔道一家に生まれながら、やさしすぎる性格から強くなれずにいた晴希は、試合で肩を負傷してしまう。晴希が柔道を続けるべきか迷っていると、柔道仲間で無二の親友である一馬が「やりたいことがある」と、突然柔道をやめると宣言する。一馬が晴希と一緒にやりたいこと、それは男子チアリーディング部の創設だった。些細なことから大ケガにつながってしまうため「仲間を信頼すること」というチアの基本を守りながら、男子チア部「BREAKERS」は練習に打ち込んでいた。しかし、メンバー間の歯車が徐々におかしくなり、やがて決定的ともいえる亀裂を生んでしまう。晴希役を横浜、一馬役を中尾が、「BREAKERS」のメンバーを浅香航大、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智が演じる。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

『桐島、部活やめるってよ』でお馴染みの作家、朝井リョウの青春作品。実は、本作に登場する男子チアは、彼の母校の早稲田大学に実在していたチームを基にされているそうです。久々にこういうストレートのスポ根ものを観ましたが、やはり良いですね。

スポ根作品って、基本的に仲間集めから初めて、いろんな背景の人が集まって、仲違いしながらも徐々に仲良くなり、最後には力を合わせて成功を収める。お決まりのこの展開が、アツいわけです。しかも、本作は主演の横浜流星はもちろん素晴らしいなかで、他の役者たちが引けを取らず輝いているのが凄く良い。特に、「豚」と体型を馬鹿にされている男の子や、インテリ系のメガネくんなど、“チア”のイメージにない登場人物が精一杯自分の青春のために頑張る姿が尊いです。ちょっとアメリカ映画の女子アカペラをテーマにした『ピッチ・パーフェクト』を彷彿とさせますよね。ミスフィッツが人気のないサークルに集まって、頑張る物語に重なるのです。

そしてスポ根映画の醍醐味でもある、それぞれのキャラの背景や抱えている悩みパートにしっかりフォーカスが当てられているのも、朝井リョウの描く青春らしかったですね。


「チア男子!!」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル