top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

風水×色の持つ意味と効果

カナウ

風水と聞くと方角と色のイメージが強い人も多いのではないでしょうか。
どの方角にどの色を取り入れるとよい――。
そんないわれを聞いたことはありませんか?

しかし、実際はどんな風に取り入れたらいいのか、わからない人がほとんどだと思います。
そこで今回は、風水において色の持つ意味と効果についてまとめてみました。
最近風水と色に興味がある。そんな人はぜひ一度目を通してみてくださいね。

風水と色が密接な関係にあるワケ

風水が色と密接な関係にあるのは、風水が五行思想といって、「木火土金水」という自然界のバランスの考えを取り入れているからです。
お互いを生み育てる相生関係と、お互いを殺してしまう相剋関係があり、これにより自分自身の運気を考えるというもの。
たとえとして、木は緑、火は赤ですね。ほかにも九星を用いた、9つの星から見た色の相性もあります。これが、それぞれの方位には適した色が存在するという考え方ですね。
すなわち、風水が色と関係があるのは、五行思想と九星の思想を用いた環境学ということが、わかるのではないでしょうか。

風水の持つ色の効果と意味

では、具体的に風水から見た色には、どんな意味と効果があるのでしょうか。いくつかの色をピックアップしてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

その1:金色、黄色

金運をアップすると言われています。よく財布の色は黄色、金色がいいと言われるのは、まさにこれですね。事業を成功させたい、ぜいたくな生活をしたいと思ったら、金の気を持つ黄色と金色を取り入れるといいでしょう。

その2:青色

広告の後にも続きます

青色は、水の気を持つとされています。恋愛運や信頼運、コミュニケーション運を上げるそうですね。
水の気は、運が冷えるともいわれ、たくさん使わないように注意する必要があります。仕事道具に取り入れられると、仕事運上昇につながるでしょう。

その3:黒色

黒色が好きな人も多いでしょう。黒は、水の気を持つ色とされています。邪気を払い、守りを固める色の意味があります。
変な人を寄せ付けなくする効果があり、財布に使うとお金の無駄遣いになる効果も。しかし、入ってくるお金も少なくなるため、注意が必要です。

その4:白色

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル