top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

ジャニーズWEST・桐山照史“猿川”が経理の女性に一目惚れ!『ゲキカラドウ』第4話

テレビドガッチ


桐山照史(ジャニーズWEST)がドラマ単独初主演となる『ゲキカラドウ』(テレビ東京系、毎週水曜24:12~)の第4話が、1月27日に放送される。

本作は、視覚でも聴覚でも堪能できる、マニア性・中毒性の高い、究極のグルメドラマ。大阪本社から期待を胸に東京支社の営業促進室へ異動した主人公・猿川健太(桐山)が、そこで出会う激辛料理をこよなく愛する変わり者たちとの日々の中で、「激辛料理」と格闘しながら成長していく姿が描かれていく。

第3話の放送後、インターネット上では、桐山演じる猿川の高校生時代の回想シーンについて、視聴者から「照史くんの制服姿に手繋ぎの破壊力」「こんな青春スクールラブシーンあるなんて聞いてない!」「くっそかわいい31やで」といった声が集まっていた。

<第4話 あらすじ>
飲料メーカー「ロンロン」の東京支社・営業促進室に異動してきた猿川(桐山)。ある日、同僚の秋山雅人(前川泰之)に頼まれ、経理部に期限を過ぎた経費の申請をお願いに行く。しかし部長の前田直(丸山智己)から「申請期限を過ぎた経費の精算はしない」と怒られてしまう。

そんな猿川を見かねた経理部の高宮まり子(佐津川愛美)。今日中に事務処理をすれば精算できると手伝いを申し出る。高宮の美しさに一目惚れした猿川は、お礼と称して高宮を食事に誘う。

室長の谷岡和彦(平田満)がおすすめするタイ料理の店に行くと、料理はすべておいしく、高宮は感激する。手ごたえを感じ、喜ぶ猿川。しかし、コース料理の終盤、突如出てきたのは辛い焼きそば……。辛いものはあまり食べないという高宮だったが、辛さに耐えながら食べる猿川を見て、尊敬のまなざし。そして、自身も食べてみることに。そして最後に出てきたのはタイの春雨サラダ激辛ヤム・ウンセンだった!

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル