top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ラブリ、「女性に強制性的行為で書類送検」にネット民が受けた“衝撃ポイント”

アサ芸プラス

 1月20日、モデルでタレントのラブリが、知人女性に対しての強制的な性的行為を巡る疑いで昨年3月に和歌山県警白浜署に書類送検されていたことが各メディアで報じられた。

 1月21日発売の週刊文春では、被害を訴えた、ラブリが関わるプロジェクトの責任者だった20代後半の知人女性の詳細な「告発」記事が掲載されている。

「記事によると、SNSに多くのフォロワーがいる『社会派インフルエンサー』の顔持つラブリは、19年5月に知人女性らと5人でプロジェクトメンバーの親睦を図る意味で、和歌山県白浜町にある外資系ホテルに泊まり、現地で合流した関係者2人を含め7人が集まるなどして、深夜までお酒を飲み、明け方、ラブリと同じツインルームに泊まっていた知人女性が先に寝ていると、部屋に戻ってきたラブリが彼女に『すごく舐めたいの。舐めさせて』と言って、下半身に顔を埋めてきたというんです。何度も拒む知人女性に『うるさい』ときつい口調で言うと、彼女は動けなくなり、ラブリに下腹部を触られたり、強引にキスをされるなどの行為が続いたとのことです。知人女性はその後、気持ちを抑え仕事を続けていましたが、しだいに死にたいと考えるようになり、性暴力被害者を支援するNPO法人から紹介された医師に重度のP T S D(心的外傷ストレス障害)と診断され、現在は自宅療養中だそうです」(芸能記者)

 この間、知人女性は19年6月に和歌山県警白浜署に相談し8月に被害届と告訴状を提出。ラブリは現地で事情聴取を受けて昨年3月に書類送検され、現在は、和歌山地検が捜査中だという。

 このショッキングな報道に、ネット上では〈ラブリは(現在は)結婚して旦那さんと子どももいるのに衝撃的です〉〈異性でも同性でも、同意がないのはダメだし特に同性は泣き寝入りになる可能性があったのかも〉と声が上がっている。

広告の後にも続きます

「一方のラブリ側は文春の取材に対し、担当弁護士が慰謝料ではなく解決金として500万円を支払う内容の示談を知人女性側に申し出たことを認めましたが、彼女はこれを拒否したとのことです。ただ、担当弁護士は、密室での事実関係については『犯罪行為はありませんでした』と強調。他のメディアの取材にもラブリの所属事務所では『対応は弁護士に任せている』として弁護士側も『犯罪に当たる行為はなかった』と主張しています」(前出・芸能記者)

 密室のことだけに実際何があったのかは第三者には判断が極めて難しいケースも少なくない性被害を巡るトラブル。今回の件も、決着がつくにはまだ時間がかかりそうだ。が、いずれにしても、もし性被害を受けたと感じたとすれば、相手が異性か同性かに関わらず、声を上げやすい世の中になることは妨げられてはならないだろう。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル