top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

紙をサクッとデータ化できるScanSnapがあればテレワークが捗るぞ!

&GP

テレワークの壁となるのが、紙で行っていた業務。高性能なスキャナでサクッとデータ化を進めて、業務効率をアップしたいものです。

PFUの「ScanSnap」は、ワンタッチでスピーディーに書類を電子化するドキュメントスキャナ。そのシリーズの新型が発売されました。

Wi-Fi搭載の「ScanSnap iX1600」(4万8000円)と、USB専用モデル「ScanSnap iX1400」(3万8000円)の2種で、いずれもScanSnapシリーズ史上最速の毎分40枚のスキャンスピードを誇ります。これは仕事が捗りそう!

PFUのScanSnapといえば、ドキュメントスキャナの代表的存在です。多くの支持を集めるポイントのひとつは簡単操作。タッチパネルのアイコン(プロファイル)を選んでスキャンするだけ。複数人で利用する場合でも自分のアイコンを設定できるので、グループで使うプロジェクトにも便利。

ビジネスにおけるペーパーレス化はよく聞きますが、ビジネス文書や名刺管理、経費精算など、紙で行っていた業務を一気にデータ化できれば、テレワークが捗ることは間違いありません。

広告の後にも続きます

「ScanSnap iX1600」はWi-Fi搭載モデルなので、PCやその他のデバイスとワイヤレスでつながるだけでなく、インターネットにも直結し、クラウドサービスへの保存もタッチパネルから操作できます。

データをクラウドに集約しておけば、テレワークの人とオフィス勤務の人が混在する場合でも、スムーズに業務を進められますね。

もうひとつの新型「ScanSnap iX1400」は、PCに直接つなぐUSB専用モデル。基本スキャン性能は「ScanSnap iX1600」と同等ながら、機能をシンプルに集約することでコスパを高めています。テレワーク業務だけでなく、個人の家計簿管理や確定申告の際にも、1台あれば作業効率がぐっと上がります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル