top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

北海のオイルダイバーをリスペクトした機械式ダイバーズ

&GP

1884年、スイスに創業したEDOX(エドックス)。1961年に200m防水を実現した世界初の時計「デルフィン」を発表し、1965年には500m防水の「ハイドロサブ」を発表するなど、“防水時計の名門”とも呼ばれる独立系ウォッチブランドです。

そんなエドックスより、ダイバーたちの歴史を感じさせる新コレクション「NORTH SEA(ノースシー)」がリリースされました。

かつてノルウェーの北海で活躍したオイルダイバーや、人類史上最も深い水深320m地点に初めて到達したダイバーたちへのオマージュを捧げた2モデルは、レトロテイストながらハイスペックを備える本格ダイバーズウォッチです。

エドックスが新たにリリースしたのは「ノースシー 1967 オートマティック ヒストリカル リミテッドエディション」(28万6000円)と「ノースシー 1978 オートマティック」(23万1000円)の2モデル。

▲「ノースシー 1967 オートマティック ヒストリカル リミテッドエディション」

広告の後にも続きます

ノースシーとは北海を意味し、「ノースシー 1967 オートマティック ヒストリカル リミテッドエディション」は、この北海で1960~70年代に海底油田の開発が行われた際に水深300mを超える過酷な状況下で活躍したオイルダイバー(海底油田開発に関わる潜水士)を称えたモデルです。

ダイバーたちが活躍した60年代当時に流行したオーバル型を採用したケースには、ブロンズケースにダークブラッシュ仕上げを施して経年変化したような風合いを表現した“ヴィンテージブロンズ”を使用。また、ダイヤルには丸みを帯びたアラビアインデックスや太めの針を配置するなど、レトロなテイストに仕上げています。

▲「ノースシー 1978 オートマティック」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル