top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

大手企業への就職も。魅惑の職業、調香師への道やおすすめの資格とは

ホンシェルジュ

調香師は、パフューマーやフレーバリストとも呼ばれ、私たちの日常にあるあらゆる「香りの専門家」です。自分にとって忘れられない香り、印象的な香りに出会った時、どうやって調香されているのかと考えたことのある方は多いでしょう。調香師は、時代の流れやトレンドから、企業や人々に求められる香りを作り出したり、美味しく感じられる香りの研究をおこなうことを職業としています。
今回は、そんな調香師の仕事内容や、調香の技術の学び方、就職事情や年収のほか、香りの歴史がわかる書籍もご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

調香師とは

調香師は、私たちの生活のありとあらゆるところに存在する「香り」に関わる仕事をしています。

具体的には、約6000種類あると言われる香料のなかから、香りの組み合わせをおこない、新しい香りを生み出すのが仕事です。「いい匂い」というだけでは認められず、安全性を重視したものを作り出すことが求められます。

調香師には2種類の分野がある

口にはいる食品に関する香りを作り出す調香師を「フレーバリスト」、それ以外の口に入らない製品の香りを作り出す調香師を「パフューマー」と呼びます。調香師はこのどちらかを専門にしています。

また、日本では外国ほど香水の文化が浸透していないこともあり、海外に比べると香水の研究所は少ないのが現状です。そういった背景もあり、日本での調香師の割合はパフューマーよりもフレーバリストが多くなっています。

調香師が取り扱うのは、飲料・レトルト食品・調味料・化粧品からトイレタリー製品まで、とても幅が広いというのも特徴でしょう。

調香師の仕事内容と活躍できる就職先

調香師の主な仕事内容

香りの研究香料の調香依頼を受けた香りを再現する美味しく感じる香りを作る(フレーバリスト)

広告の後にも続きます

上記の仕事内容で主に取り扱う製品には、口に入るものは飲料水・お酒・タバコ・歯磨き粉などがあります。それ以外の口に入れないものに関しては、化粧品・入浴剤・芳香剤・石鹸(ボディソープ)・シャンプー・洗剤などが皆さんの身近にあるものとしては代表的でしょう。

調香師の就職先とは

主な就職先として、化粧品会社・香料会社・食品会社などがあげられます。特に食品会社は大手企業も多く、就職活動における競争率は高いといえます。

TOPICS