top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

田川寿美、新曲「楓」ヒット御礼詣&初の生配信キャンペーン開催

全日本歌謡情報センター

今年4月でデビュー30年目を迎える田川寿美が1月22日、東京・世田谷区の豪徳寺で新曲「楓(かえで)」ヒット御礼詣でを行い、浅草のCDショップ「音のヨーロー堂」で初の生配信ミニライブキャンペーンも開催した。

昨年9月23日に35枚目のニューシングル『楓』を、前作「恋はひといろ」から1年8カ月ぶりに発売。恋の未練を断ち切ろうとする女心を「楓」というキーワードに乗せて表現した失恋ソングで、田川ならではの歌唱力が発揮されたドラマチックな王道演歌として人気を博し、カラオケ愛好家たちの間でも盛んに歌われている。

今回の新曲は、当初、昨年6月発売の予定だったが、新型コロナウイルスの影響で3カ月遅れてリリース。コロナ禍にもかかわらず発売と同時に好セールスを上げ、オリコン週間シングル演歌ランキング1位(10月5日付)、通信カラオケDAM11月度月間演歌ランキング1位(調査期間=2020年11月)を記録。

この日は、発売3日後の9月26日に同じ豪徳寺の招福殿で新曲ヒット祈願を行い、「招き猫発祥の地」と呼ばれている同寺のご利益もあってか大きなヒットになったため、その御礼として再び訪れたもの。

「去年の9月にヒット祈願をさせていただきましたが、今日はこうしてヒット御礼で再び豪徳寺さんに訪れることができるなんて、こんな幸せなことはありません。豪徳寺さんの招き猫ちゃんのお陰です」と笑顔を見せながら「昨年は不思議なことがありまして…前回のヒット祈願を終えて自宅に帰り、祈祷していただいた招き猫を玄関に置いたところ、その夜、家族みんなが猫の夢を見たんです。私は白い猫が家に入ってくる夢を見て、兄は子猫がたくさん自分の布団の中に入ってくる夢を、そして、母は白い猫が外から家に入ってくる夢を見たそうです。さらに夢を見た翌日から野良猫が2匹、毎日わが家に来るようになって毎日エサをあげていますが、いまではその猫が来るのを家族全員で心待ちにしています」。

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル