top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

週間MIPは中日・松坂大輔!/今週のベストナイン(4月30日~5月6日)

週刊ベースボールONLINE

週刊ベースボール編集部が熱戦の続くプロ野球で週間MIP、ベストナインを選出。今週は4月30日から5月6日の期間だ。

日本球界4241日ぶりの勝利



中日・松坂大輔

週間MIP「中日・松坂大輔(投手)」

 月曜、4月30日のゲームだったので、やや昔にも感じるが、この1週間で中日・松坂大輔の初勝利に勝るインパクトはない。

 ナゴヤドームのDeNA戦で8四死球と苦しみながらも6回を被安打3、失点1で勝利投手に。ピンチも多かったが、粘り強くしのぎ、「スプリットチェンジ」も有効だった。

 2006年の西武時代以来、4241日ぶりの日本球界での勝利となった。お立ち台では「小さい子には分からないと思うので、もっとヒーローインタビューに出て、また顔を覚えてもらえるよう頑張ります」。

 37歳、どん底から再スタートした男から目が離せない。

セ・リーグ週間ベストナイン


[投手]ブキャナン(ヤクルト)
期間内/1試合 1勝 0敗 0S 防御率0.00
※MIPは松坂だがベストはこの男。強打C相手に完封&適時打。

[捕手]會澤翼(広島/2回目)
期間内/14打数 5安打 1本塁打 2打点 0盗塁 打率.357
※1日G戦では2死球の後、意地の適時打。出塁率.571。

[一塁手]ホセ・ロペス(DeNA/2回目)
期間内/26打数 11安打 2本塁打 5打点 0盗塁 打率.423
※6日G戦には4安打3打点に加え、2ラン前の大ファウルもあった。

[二塁手]上本博紀(阪神)
期間内/12打数 9安打 1本塁打 6打点 3盗塁 打率.750
※すさまじい勢いで打ち、走った。それだけに故障離脱は残念。

[三塁手]宮崎敏郎(DeNA/3回目)
期間内/24打数 8安打 0本塁打 3打点 0盗塁 打率.333
※二塁打3本、期間内マルチ3回。ただ得点圏打率.250は物足りず。

[遊撃手]坂本勇人(巨人/3回目)
期間内/26打数 14安打 1本塁打 6打点 0盗塁 打率.538
※打ちまくって首位打者にも立つ。長打率も.808と高い。

[左翼手]バレンティン(ヤクルト/2回目)
期間内/21打数 7安打 5本塁打 6打点 0盗塁 打率.333
※期間内5本塁打と大当たり。9四球もあって出塁率は.533。

[中堅手]野間峻祥(広島)
期間内/16打数 7安打 0本塁打 0打点 2盗塁 打率.438
※丸の離脱後代役となり奮闘。足を生かしヒットを稼ぐ。

[右翼手]鈴木誠也(広島)
期間内/19打数 7安打 2本塁打 4打点 0盗塁 打率.368
※相変わらずコンスタント。守備でも強肩光る。

パ・リーグ週間ベストナイン


[投手]武田翔太(ソフトバンク)
期間内/1試合 1勝 0敗 0S 防御率0.00
※指揮官の誕生日に1安打完封。救援陣も休ませた。

[捕手]清水優心(日本ハム/2回目)
期間内/11打数 2安打 1本塁打 4打点 0盗塁 打率.182
※投手の信頼しっかり勝ち得る。3日E戦では貴重な逆転満塁弾。

[一塁手]T-岡田(オリックス)
期間内/25打数 9安打 3本塁打 7打点 0盗塁 打率.360
※通算1000試合の6日H戦で2打席連続弾。30日は4打点。

[二塁手]中村奨吾(ロッテ/3回目)
期間内/26打数 9安打 0本塁打 3打点 1盗塁 打率.346
※期間内全試合安打と打撃好調。守備での貢献も大。

[三塁手]外崎修汰(西武)
期間内/25打数 7安打 0本塁打 1打点 1盗塁 打率.280
※前半はイマイチも後半の5、6日は連続マルチ。

[遊撃手]源田壮亮(西武/4回目)
期間内/33打数 13安打 0本塁打 3打点 3盗塁 打率.394
※積極打法で期間内全試合安打で、マルチは4回。

[左翼手]栗山巧(西武)
期間内/16打数 5安打 1本塁打 7打点 0盗塁 打率.313
※球団最多の二塁打も達成。出塁率.522、得点圏.750も評価。

[中堅手]秋山翔吾(西武/4回目)
期間内/29打数 14安打 3本塁打 8打点 1盗塁 打率.438
※8試合連続マルチと打ちまくる。3試合連続本塁打も光る。

[右翼手]木村文紀(西武)
期間内/20打数 7安打 1本塁打 2打点 0盗塁 打率.350
※ライトスタメン時は全試合安打。5日E戦は3安打4打点。

[DH]清宮幸太郎(日本ハム)
期間内/17打数 5安打 0本塁打 0打点 0盗塁 打率.294
※デビューから全試合安打。次は一発を見たい。

写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル