top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

バレンタイン間近! 今年の「アムール・デュ・ショコラ」で狙いたい注目チョコレートは?

食楽web

食楽web

 年に一度のチョコレートの祭典として親しまれている高島屋のバレンタイン催事「アムール・デュ・ショコラ」が、今年は店頭とオンラインで開催されています。高島屋のバイヤーが厳選した日本初上陸のブランドから、おうち時間が増えた今ならではのチョコレートなど、目が離せないものばかり。

 そんな100以上のブランドが集う同イベントで販売されるチョコレートのなかから、注目の逸品をピックアップしました。2021年のバレンタインのトレンドと楽しみ方をご紹介しましょう。

日本初上陸ブランドのキーワードは「台湾」と「サステナブル」

「台湾産グランクリュカカオ&クラシックトリュフ(2種類計6個入)」(3348円)を手掛けるオーナーパティシエYu氏は32歳の若き実力派

 日本初上陸の海外ブランドが多数登場するのもアムール・デュ・ショコラの特徴。今年の初上陸チョコレートで注目したいテーマは「台湾」と「サステナブル」です。

 まずご紹介したいのが、2016年・2017年のインターナショナルチョコレートアワード アジア・パシフィック部門で台湾ブランドとして初受賞した『YUショコラティエ』。トリュフをはじめ、ジャスミンや文旦の花の蜜など、台湾産素材の魅力を引き出したボンボンショコラが登場します。

「ショコラアソート(6種類計6個入)」(3132円)は、台湾産カカオ、Yiu、文旦蜜、ジャスミン、金柑レモン、シェリーリュウガンの6粒がセットになっている。試食したところ、フルーティーなカカオの香りとほのかな甘さが絶妙だった

 台湾=チョコレートというイメージはあまりありませんが、オーナーパティシエのYu氏はフランスの『ジャック・ジュナン』での修業経験もあるスゴ腕。チョコレートには台湾ならではの食材が使われているので、味覚で台湾旅行気分を楽しめるというのも、このご時勢には嬉しいですね。

「レ・ミニャルディーズ(4種類計8個入)」(2592円)は、ほんのり甘じょっぱさを感じるサブレサンド。ザクザクした食感もクセになる

広告の後にも続きます

 続いて注目したいのが、日本初上陸となるフランスのブランド『ミニャール』のサブレサンド。こちらはバニラやカシスなど4種類のサブレにジャンドゥーヤのガナッシュをサンドしたもので、フランスの国際有機認証機関であるECOCERT認証を取得。生物分解可能なプラスチックを包材に使用するなど、サステナブルな取り組みも注目されているブランドです。

高島屋のバイヤーが注目する気鋭のショコラティエは?

右は「バーグルモン(4種類計4個入)」(3618円)、左は「ヌーボーセレクション(4種類計9個入)」(3402円)。筆者が試食したヌーボーセレクションの1フレーバーは、ひと口食べるとジンジャーブレッドが広がり、和の生姜よりも少しスパイシーな味わいだった

 もちろん、世界的に著名なショコラトリーもハズせません。パリのマレ地区に店舗を構える『ジャック・ジュナン』のジュナン氏といえば、数々の受賞歴を誇る超有名ショコラティエ。同氏のスペシャリテ「キャラメル」を始め、さまざまな素材を組み合わせたバータイプのショコラは一度食べる価値あり。

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル