top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

新鋭・宮崎彩監督が、福田麻由子を主演に迎え、少女から大人に変わりゆく主人公の視点から、家族の変容と決別をほろ苦く描く、鮮烈なデビュー作!『グッドバイ』特報

cinefil

是枝裕和監督の元で映像制作を学んだ宮崎彩監督が、福田麻由子を主演に迎え、少女から大人に変わりゆく主人公の視点から家族の変容と決別をほろ苦く描き出した、映画『グッドバイ』が3月下旬より渋谷ユーロスペースにて劇場公開されることが決定いたしました。

ポスタービジュアル&場面写真、特報が解禁!

母親と二人で暮らしのさくらは、ある日職場の保育園で園児の保護者である、新藤と出会う。 彼に、離れて暮らす父の姿を重ねるようになるさくら。やがて彼女はかつての父親に関する “ある記憶”を思い出す──
共に暮らす母。離れて暮らす父。父を求める娘…。
ありふれた家族の姿を通して、家族のゆらぎを切り取った本作は第15回大阪アジアン映画祭にて初上映され注目を集めた。 主人公のさくらに「女王の教室」「白夜行」などで子役として非凡な才能を発揮し、近年では NHK 連続テレビ小説「スカーレット」『蒲田前奏曲』などで深みを増した演技を見せる福田麻由子。娘から女性に変わりゆく役柄を繊細に演じ切った。
さくらの母を小林麻子、園児の父親・新藤を池上幸平、保育園の同僚役に、『仮面ライダーゼロワン』に女性ライダー役で出演するほか、バラエティでも活躍中の井桁弘恵、幼馴染役に佐倉星、離れて暮らす父を『シン・ゴジラ』などの吉家章人ら実力派キャストが演じ、それぞれの役柄に血を通わせた。

解禁されたポスタービジュアルは、福田演じる主人公・さくらの哀感を感じさせる表情を捉えたもの。「知らないほど、近くおもう。」というコピーと桜の花びらが添えられ、家族の切ない変容を感じさせる。

©AyaMIYAZAKI

監督・脚本は是枝裕和監督の元で映像制作を学び、本作が初⻑編監督作となる若干25歳の新鋭・宮崎彩。 日常の機微を積み重ねた丁寧な演出で、ゆっくりと、しかし確実に変わりゆく家族の姿を優しく、せつなさを込めて浮き彫りにした。

広告の後にも続きます

さくらが父を再会するまでの姿を、杉本佳一による儚く美しい音楽とともに映し出した特報も解禁となった。
また、主演の福田麻由子からコメントも到着。監督が半ばあてがき創作したという役柄について、「完成した作品を観ては じめて(オファーされた理由が)ちゃんとわかったように思います。」と述べる。さらに「同世代の仲間たちともがきながらひと つの作品をつくれたことは、とても大きな経験でした。この映画がみなさまに届くことが、怖くて、楽しみです。」と本作への想 いを寄せた。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル