top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

北方謙三氏、「加藤シゲアキに直木賞を受賞させようという機運」コメントの真意とは

アサ芸プラス

 1月20日、東京・築地「新喜楽」で行われた第164回芥川賞・直木賞の選考会。芥川賞は宇佐見りん氏の「推し、燃ゆ」、直木賞は西條奈加氏の「心淋し川」となり両賞とも女性による受賞となった。

 今回の芥川賞・直木賞で注目を集めていたのが芸能人のノミネートだ。

 芥川賞はクリープハイプのボーカル・尾崎世界観が「母影」で候補に。直木賞はNEWSの加藤シゲアキが「オルタネート」でノミネートされていたが、いずれも受賞には至らなかった。

 そんな中、直木賞の審査員を務める作家・北方謙三氏による加藤についてのコメントが話題となっている。

 加藤の「オルタネート」について「私は非常に青春小説としてよく書けていると思いました」と評価した北方氏。

広告の後にも続きます

「これを強く推す委員も他にもいました」としたうえで「決選投票の前に加藤シゲアキに直木賞を受賞させようという機運が選考委員の中にあって、私もその一人でした」と明かしたのだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル