top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

遠方の親戚は役に立たない…ひとり在宅死のためにやるべきこと

女性自身

 

【2】元気なうちに親しい人に自宅のカギを渡しておく

 

「老後、ひとりで暮らすときには、自分から地域とつながらないと孤立してしまいます。億劫がらずに、地域のボランティア活動や習い事、スポーツクラブなど、なんでもよいので、地元の社交場に顔を出すこと。これがいざというとき、生きる絆に。こうした存在ができたら、自宅のカギを預けるようにすると、自分が身動きできなくなる不測の事態に対応でき、安心」

 

広告の後にも続きます

ただ実際には、自宅のカギを渡すほど親しい人がすぐにできるわけではない。いますぐに渡すというよりも、カギを渡してもよいというレベルの友人作りから始めてはどうだろうか?

 

【3】書類の処理を頼める若い友人を見つける

 

「高齢になると、税金や福祉関係などの書類の処理がだんだんむずかしくなってきます。これをサポートしてくれる若い人が身近にいると心強い。これも地域の社交場に参加することで知り合うことができると思います」

 

【4】親切な友達には注意が必要

 

「これは【2】【3】と矛盾すると思われるかもしれませんが、やたらに親切に近づいてくる人には注意も必要です。高齢になると、寂しい気持ちに負け、親切にされるとつい他人にダマされやすくなることはさけられません」

 

松原さんによれば、親戚などから「養女」をとるケースもトラブルが多くおすすめできないとか。

 

【5】銀行、郵便局のカモになるな

 

「世知辛い世の中で、昔は信用がおけた銀行や郵便局の訪問員に不必要な金融商品を売りつけられる事件も多発しています。とくに銀行の窓口がもっとも危険。金融に知識のない老人は銀行や郵便局にはむやみに近づかないことがいちばん安全です」

 

不安が多いウィズコロナ時代を乗り切る知恵としても、この心得を活用してはいかが。

 

「女性自身」2021年2月2日号 掲載

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル