top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

『ぬれどら焼き』の濡れ具合が想定外でビビった / どら焼きをなぜ濡らすのか知りたくて購入したら…

ロケットニュース24

『ぬれどら焼き』の濡れ具合が想定外でビビった / どら焼きをなぜ濡らすのか知りたくて購入したら…

『ぬれどら焼き』なる商品を買ったとき、指がベタベタになる程度のことは覚悟していた。そして同時に、そこまでして食べる価値がある商品かどうか見極めてやろうと思っていた。

今にして思えば「ぬれ煎餅」のイメージから『ぬれどら焼き』を想像していたのだろう。だが、それが根本的な間違いであった。『ぬれどら焼き』は『ぬれどら焼き』であって、ぬれ煎餅の “濡れレベル” とは全くもって別ものだったのだ。

・『ぬれどら焼き』とは?

そもそも『ぬれどら焼き』って何? と思っている人もいるだろうから、超簡単に説明したい。『ぬれどら焼き』は梅月堂が販売するどら焼きで、公式サイトの価格は1つ250円ほど。

通販でも購入できるので食べたい人はそちらをチェックしてもらうとして、やはり気になるのは「なぜわざわざ濡らすのか?」ではないだろうか。ぬれ煎餅さえも乾かして食べようとした私としては、どら焼きを濡らすなんて意味が分からない。

その行為、完全に無駄手間ではないのか? それとも、濡らすことで どら焼きがより美味しくなっているとでもいうのか? ……と、考えれば考えるほど気になってきたので、買ってみた次第。

・開封して気付いた

広告の後にも続きます

比較のため、ローソンで目についた濡れてないノーマルどら焼き(米屋 特上どら焼 / 税込145円)も購入。ひとまず、見た目の違いでも確認しようと、商品を開封したそのとき、私は気付いてしまったのだ。

ぬれどら焼き……!

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル