top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

ライフスタイルの変化への対応がカギ。気になる放送業界の現状と今後

ホンシェルジュ

放送業界といえば、テレビとラジオ。でも業態の仕組みについてはよく知らない方が多いのではないでしょうか。身近にあり、生活のなかの楽しみのひとつとなっている方もいるでしょう。そんな方に読んでいただきたいのが本記事です。
地上波、デジタル、ケーブルテレビってなど分かっているようで実はあまりよく知らない各放送形態について解説。気になるニュースや、現状から見える今後の課題などにも触れつつ、最後には放送業界の一面に触れられる書籍もご紹介しています。

放送業界にある業態

放送業界という言葉自体を知らなかった、という人は稀でしょう。一方で、どのような業態があるのかをきちんと調べてみると意外と複雑です。まずは一般的に「放送業界」といったときに思い浮かべる人が多いテレビとラジオについて見ていきましょう。

テレビ

テレビにもさまざまな種類がありますが、まずは「デジタル地上波」を見ていきます。

いわゆる「在京キー局」である日本テレビ・テレビ朝日・TBSテレビ・フジテレビ・テレビ東京のほか、準キー局である讀賣テレビ・テレビ大阪などがあります。また、テレビ神奈川や京都放送のように大手の系列にない独立局もあります。それぞれがカバーしている範囲が異なるため、地域によって視聴できる放送局が異なります。

キー局と同様に広域に放送してはいるものの、やや立ち位置が違うのがNHKです。NHKは法律によって受信料が設定されている公共放送です。首都圏ではNHK総合、地域ではそれぞれの地域のNHKが番組を制作しています。2チャンネルのEテレは全国共通の放送内容です。

ラジオ

ラジオには電波の違いによりFMとAMの2種類があります。FMは届く範囲が狭く、音質がよい電波で、AMは拾い範囲に届くものの障害物などに弱いという特徴があります。

広告の後にも続きます

どちらの電波も届く範囲に限度があることもあり、地域ごとにラジオ局が設置されています。

無料放送・広告収入というビジネスモデル

地上波デジタル放送とFM・AMラジオが特徴的なのは、受信する機械であるテレビとラジオを持ってさえいれば誰でもどこでも放送を視聴できるということです。電波を受信するための特別な手続きは必要ありません。

TOPICS