top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

連載最終回!Hi-Hi上田浩二郎が最後に薦める渾身の1冊とは

ホンシェルジュ

Hi-Hi上田浩二郎さんが「ツカミ」の面白い本を半年間にわたって紹介してきた本連載。今回で最終回をむかえました。

最後にどうしてもこれだけは紹介したい!と上田さんが選んだのは、芸人人気も高いあの自伝的エッセイ!悩める人へのエールも込められた名作のどこにツカまれたのでしょうか?

なにごとかを成したい人は絶対ツカまれる!『リンダリンダラバーソール』

どうもね!最近みんなどう?お餅!ぺタ~んといってる?  

僕が人生でツカまれた本を紹介してきたこの企画。今回が最終回ってことで最後っていえばこれ! 

著者大槻 ケンヂ 出版日

『リンダリンダラバーソール』大槻ケンヂ著。大槻さんと言えば筋肉少女帯は勿論ソロでも活躍するアーティスト。90年代に起こったバンドブーム。その渦中にいた大槻さんの半自伝だ。 この本のファンの人(特に芸人)は多くて散々こすられてきてるとは思うんだけど、90年代当時を知ってる人。それから

「何か始めたいんだけど、自分が何を始めたらいいのかさっぱりわからない人」
(『リンダリンダラバーソール』あとがきより引用)  

に絶対にツカまれること間違いなしなのでぜひ読んでみてほしい。  

広告の後にも続きます

俺なんてツカまれすぎて自分が書いた本の中で、この本に出てくる一文をまんまパクって書いちゃった。そのことを大槻さん本人にお会いした時にお詫びしたら、軽く「いいよ~」と言ってもらった。気さくな方でよかった。

大槻ケンヂの人生を知ると、「何がどーなるか本当にわからない」って思える!

ボンクラ学生だった大槻さん、世の中の流れでいつの間にか二十代そこそこでメジャーレコード会社からデビューすることになる。デビューするから大学を辞めることを母親に告げると「革ズボンは買ったの?ロックやるなら革ズボンよ」とくる。さすがロックバンドのお母さんだ!

TOPICS