top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

【難読】”さちさき”じゃない! 「幸先」の正しい読み方

マイナビウーマン

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「幸先」の読み方です。

“さちさき”?  “こうせん”? いやいや、違和感しかない! そんな葛藤をしたら、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「幸先」の読み方は?

広告の後にも続きます

幸運、山の幸などの言葉に使われる「幸」という漢字。一般的には、“こう”、“さち”という読み方を覚えている人がほとんどでしょう。「先」はそのまま“さき”や、先頭、先端という言葉に使われているとおり、“せん”と読んでいる人が多いのではないでしょうか。

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル