top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

全国高校演劇大会 最優秀賞の戯曲を映画化「アルプススタンドのはしの方」

キネマ旬報WEB

小野 現場での城定監督はカメラワークの指示とかがすごくスムーズで、てきぱき作業が進んでいたイメージがあります。段取りもすごく早くて、その分私たちもお芝居に集中することができました。

中村 撮影前と後とで、監督の印象はかなり変わりましたね。最初は怖いのかな? って思ってたんですけど(笑)、撮影していく中で物事をすごく冷静に見てらっしゃる方なんだと。私たちに何気なく、何も発さないけど気遣ってくださってることを感じることが多くて、すごくありがたかったです。

城定 お芝居は彼女たちに任せる分、立ち位置や動きの変化など映画ならではの表現が上手くできたら良い映画になると思っていました。と同時に舞台の雰囲気も残しつつ、どうやって最終的にみんなを並んで立たせられるかがキモでもありましたね。

小野 私と守里ちゃんと西本まりんちゃんの3人は、舞台版のときから良い意味で脱力できるような、リラックスした状態でいましたね(笑)。キャピキャピもしてないし、だからといって全然話さないという関係でもない。

中村 うんうん(笑)。

広告の後にも続きます

小野 学校で一緒にいてもなじめそうな、そのとき思ったことを何でも話しながら、とても居易いコンビネーションで、バランスも良かったなと思ってます。

城定 藤野役は新たに平井亜門君を迎えました。

小野 私たちは現場で初めて会ったんですけど、大らかな人柄ですぐに仲良くなれました。特にあすはは藤野君との会話が多かったのですが、舞台と映画で藤野君を演じる人が違う分、お芝居の体感も違ってくるので、自分も自然と接し方も違ってくるのがやってて面白かったです。

中村 亜門君は舞台を見てなかったので、変に縛られず、亜門君らしい映画版ならではの藤野君になってたなと思いました。

城定 はたから見ていても現場は学校みたいな空間で、その意味では自分が先生で生徒を指導しているという、そんな錯覚はありましたね。「悪口言われてないかな?」とか(笑)。

小野・中村 言ってないですよ!(笑)

奇しくも、甲子園が中止になった2020年に公開されて

城定 完成した作品は正直手応えがありましたが、いつもはなかなか多くの人に見てもらえないことが多い中、今回はたくさんの応援もいただいて、すごく広がりを見せてくれて嬉しかったですね。甲子園が中止になったことで、嫌なことを思い出させてしまうのではないかという複雑な想いもありましたので、なおさら多くの人に見ていただけてありがたかったです。

小野 映画賞をいただけたのも、みんなが一緒になって作ったものが評価されたという感覚でとても嬉しいですし、運命の導きでいろいろな人々が交わりながらこの作品に携わった結果、さまざまな反響もあったのかなとも。それこそコロナ禍と公開が重なったのも、今では何か数奇な運命だったのかなという気もしています……。

城定 もともとそういう想いで作った映画ではなかったけど、やがてコロナがすっかり過去のものとなったときに「高校野球が中止になった年に、この映画は公開されたんだよね」って思い出していただけたらいいかなと。また、早くそういう世の中になってほしいですね。

小野 みなさん「30回見た」とかものすごい数を見られていて、そこまで深く愛してもらえている作品ですから、次はブルーレイで何回もご覧になっていただいて、またいろいろな気持ちを思い出したり、共感してもらえたり、元気を出していただけたら嬉しく思います。

中村 今では私よりも深く作品に詳しい方がたくさんいらっしゃいますので、今度はぜひお家で気軽に、見たいと思ったときに見ていただきたいですね。

城定 ちなみに今回のBDの特典として、3つのスピンオフ・ドラマの脚本を収録したブックレットが封入されてます。今後それを撮る予定があるかどうかはわからないけど(笑)。

小野&中村 撮りたい撮りたい!

城定 僕も撮りたい(笑)。

取材・文=増當竜也/撮影=近藤みどり/制作=キネマ旬報社(キネマ旬報2月上旬号より転載)

TOP写真左:城定秀夫(じょうじょう・ひでお)/1975年生まれ、東京都出身。武蔵野美術大学卒業後、フリーの助監督としてキャリアを積む。2003年「味見したい人妻たち」で映画監督デビュー。その後、Vシネマ、ピンク映画、劇場用映画など100を超える作品を監督している。近作に「性の劇薬」「アルプススタンドのはしの方」「花と沼」など。

TOP写真中央:小野莉奈(おの・りな)/2000年生まれ、東京都出身。出演作にTBSドラマ「中学聖日記」、映画「テロルンとルンルン」(18)「リビングの女王」(20)などがある。本作は2019年の浅草九劇で上演された舞台版からの続投。

TOP写真右:中村守里(なかむら・しゅり)/2003年生まれ、東京都出身。2018年に「書くが、まま」で映画初出演を果たし、MOOSIC LAB2018にて史上最年少で最優秀女優賞を受賞。本作は小野と同じく、舞台版からの続投。

 

アルプススタンドのはしの方

●1月20日ブルーレイ発売 ¥5,800(本体)+税
●2020年・日本・カラー・本編76分
●監督/城定秀夫 脚本/奥村徹也 原作/籔博晶・兵庫県立東播磨高等学校演劇部 撮影/村橋佳伸 録音/飴田秀彦 編集/城定秀夫
●出演/小野莉奈、平井亜門、西本まりん、中村守里、黒木ひかり、平井珠生、山川琉華、目次立樹
●封入特典/特製16Pブックレット(書き下ろし新作スピンオフ短編収録)
●音声&映像特典/メイキング映像「アルプススタンドのはしの方のうらの方」(約30分)、予告編、スタッフ&キャストによる本編コメンタリー
●発売・販売元/ポニーキャニオン
©2020「アルプススタンドのはしの方」製作委員会

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル