top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

【背番号物語】近鉄「#3」一塁手に始まり一塁手に終わる。近鉄ラストイヤーには悲運も……

週刊ベースボールONLINE

“無冠の帝王”から”未完の大砲”へ



近鉄で最も長く背番号「3」を着けた羽田

 チームの看板選手が背負っている印象が定着しているプロ野球の「3」だが、高校野球では「3」は一塁手の背番号。近鉄では「4」の最長が二塁手の大石大二郎で、「6」には石渡茂や武藤孝司ら遊撃手が多かったように、「3」の系譜は一塁手に始まり、一塁手に終わっている。思えば近鉄で唯一の永久欠番「1」も左腕の鈴木啓示が背負ったもの。時空を超えて近鉄ナインを並べれば、内野陣を高校野球と同じ背番号でそろえられるのも近鉄ならではの特徴だろう。

 プロ野球が2リーグ制へ移行し、近鉄が参加した1950年から「3」を着けた初代の坂本茂は1リーグ時代の巨人でプロ野球を経験している内野手で、42年から43年は二塁のレギュラー。戦後も巨人で復帰したが、47年シーズン途中に退団して、国民リーグの大塚アスレチックスに転じた。国民リーグとは、プロ野球の2リーグ分立に先立って46年に“2大リーグ制”への動きがあり、全4球団により構成された新リーグだったが、48年2月に解散。坂本は「坂本埴留」の登録名で近鉄でプロ野球に復帰した。1年目は20試合の出場にとどまったものの、登録名を戻した51年には一塁手として全98試合に出場、主に一番打者として打線を引っ張っている。

 翌52年いっぱいで坂本が引退すると、ハワイ出身で捕手の渡部満が1年で退団、巨人では投手と捕手の“二刀流”だった多田文久三が捕手として移籍してくるも2年で引退、「6」でも紹介したパレニイが1年で退団。新人の伊香輝男が57年に背負ったことで、ようやく系譜が安定し始める。伊香は近鉄の「3」で初めての外野手で、規定打席に到達したことは1度もなかったが、62年からは2年連続で出場100試合を超え、その後は左の代打としてチームを支え続けた。

 外野手の背番号のまま看板選手に受け継がれたのは68年。コーチ兼任の伊香は「52」となり、代わって「3」を背負ったのが四番打者の土井正博だ。71年には40本塁打、113打点と「3」で打棒を進化させた土井だったが、“無冠の帝王”のまま太平洋(現在の西武)へ。皮肉にも移籍1年目の75年に本塁打王となっている。その75年に後継者となったのが三塁手の羽田耕一だったが、自己最多は80年の30本塁打と圧倒的な数字を残せず、“未完の大砲”と呼ばれた。

 だが、羽田は悲運が似合う近鉄の歴史を語る上では欠かせない男だ。初優勝の79年、広島との日本シリーズ第7戦(大阪)。9回裏に先頭打者として反撃の口火を切る中前打を江夏豊から放ち、“江夏の21球”と呼ばれる名場面を呼び込んだのが羽田。88年には最後まで優勝を争ったロッテとの最終戦ダブルヘッダー(川崎)、いわゆる“10.19”の第2試合で、最後の打者となったのも羽田だった。羽田は89年オフに引退したが、羽田の15年は「3」の系譜では最長。これで「3」は一塁手の背中に戻る。

背番号の変更で最後のリーグ優勝?



近鉄の最後の背番号「3」は吉岡だった

 90年に「3」を継承した石井浩郎は1年目から22本塁打を放ち、3年目の92年からは一塁手がメーンに。94年には不動の四番打者として自己最多の33本塁打、111打点で打点王に輝いた。これが「3」の初タイトルでもあったが、石井は翌95年から故障との闘いとなり、その翌96年オフに巨人へ移籍。続く97年には三塁手の中村紀洋が継承したものの、2001年には高校野球では三塁手のナンバーでもある「5」に自らの希望で変更する。

 新たに「3」を背負うことになったのは、石井のトレードで交換相手の1人として近鉄へ移籍してきて、「41」で98年から一塁のレギュラーを務めていた吉岡雄二。この背番号の変更は大成功だったのかもしれない。中村の46本塁打、132打点は自己最多で、吉岡の26本塁打は自己最多タイ、85打点も自己最多。ともにリーグ優勝の大きな原動力となったが、これが近鉄にとって最後の歓喜となる。

 04年いっぱいで近鉄は“消滅”。オープン戦で右アキレス腱を断裂した吉岡は、本拠地最終戦の1試合に出場しただけに終わった。ちなみに、楽天で初代の「3」となった吉岡は、三番打者として復活している。

【近鉄】主な背番号3の選手
坂本茂(1950~52)
伊香輝男(1957~67)
土井正博(1968~74)
羽田耕一(1975~89)
石井浩郎(1990~96)
中村紀洋(1997~2000)
吉岡雄二(2001~04)

文=犬企画マンホール 写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル