top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

宇宙開発の歴史と共に名を刻んでロシア時計に日本限定モデル登場

&GP

1961年、人類史上初の宇宙飛行を成功させた、旧ソ連のガガーリン。彼が初の宇宙飛行の際に身に付けていたのが、パイロットウォッチ・STURMANSKIE(シュトゥルマンスキー)でした。

そして、ガガーリンの偉業より60周年を迎える今年、シュトゥルマンスキーより「ガガーリンアニバーサリー 2609コートドジュネーブレッドスター 日本限定モデル」(6万9000円/税別)が登場。美しい加工を施して組み立て直したデッドストックの2609手巻きムーブメントをシースルーバックから眺められる、特別仕様のモデルです。

1930年にブランドの前身として創業したモスクワ第一時計工場が、1949年に旧ソ連軍用の腕時計として開発したシュトゥルマンスキー。「ナビゲーター」という意味を持つこの腕時計は、1961年にはガガーリンと共にボストーク一号に乗り込み、世界初の宇宙飛行に旅立ちました。

そんな伝説の腕時計であるシュトゥルマンスキーの代表的なムーブメントである手巻き式の「2609」は、すでに生産終了していますが、宇宙飛行から60周年を記念した「ガガーリンアニバーサリー 2609コートドジュネーブレッドスター 日本限定モデル」には、このデットストックムーブメントを採用しています。

現存する2609を一度分解し、高級機械式時計に多く採用されるコートドジュネーブ加工を施してから再び組み立てたこのムーブメントの歯車に、当時刻まれていた「モスクワ第一時計工場」のマークと、3つの星を赤色でデザイン。その美しい姿は、シースルーバックから眺められます。裏蓋には、ロシア語でのロゴと、日本限定100本の印として、シリアルナンバーも刻印されています。

広告の後にも続きます

3針とアラビア数字のインデックスというクラシカルなデザインは、ガガーリンが実際につけていたオリジナルモデルをベースとしたもの。時分針と数字には蓄光素材ルミノバが施され、暗所での視認性も確保しています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル