top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

テント・マットレス・寝袋がまとめて1つに!ソロでもファミリーでも使えるぞ

&GP

ソロキャンプは、できるだけ荷物をコンパクトにして、身軽にふらっとでかけたい。そんな気分の時に便利そうなテントを、クラウドファンディングで見つけました。

イスラエルにあるRhinoWolf(ライノウルフ)社の「RhinoWolf2.0」(2万9800円〜 1月17日現在)は、テントとマットレス、寝袋が三位一体となったテント。これひとつ持っていけば居住空間が確保できるうえ、3つを別々に用意した時と比べ、収納サイズは2/3程度にでき、キャンプの荷物をコンパクト&軽量化できます。

しかも複数のテントを連結できるので、家族や仲間と広々と使いつつ、夜はプライベート空間も保てるという、ソーシャルディスタンステントなのです。

「RhinoWolf2.0」は1ポールフレーム構造で、初心者でも設営・撤収が簡単にできるシンプルな構造。テントを広げ、組み立ててペグを打てば、それだけで組み立て完了です。ペグはポールと一体化しているので、無くす心配もありません。

コンパクトながら、アーチ設計で居住スペースが広いのに加え、広々とした全室が付いています。

広告の後にも続きます

また、連結して設置すれば、さらに広々とした空間が保てます。ちょっとひとりになりたい時は、仕切りのファスナーを閉めれば、すぐにプライベート空間に早変わり! フレキシブルに使えるのです。

素材には、山岳用の軽量テントに使われるナイロンを使用しています。これは一般的なポリエステルに比べて、軽く、柔軟性がある素材。しかも耐水圧2000mmで、雨や風をしっかりと防いでくれます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル