top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

損害賠償額は数百万円!「ネタバレゲーム配信」の悪質な事態を弁護士が明かす

テレビドガッチ


ネプチューンの名倉潤、次長課長の河本準一らがMCを務める『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)が、1月14日に放送。この日は、「最新犯罪潜入SP」と題し、甘い話につけこんだ詐欺事件の事例とともに、道外配信サイトで横行している違法なゲーム実況の現状を取り上げた。

音楽や映画などの著作物を勝手に動画サイトにアップロードすることは法律で禁じられており、わかっていながらダウンロードした場合は、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはその両方と、厳しい罰則が規定されている。

そんななか爆発的に増えているのが、違法なゲーム実況。ゲームのプレイ動画に実況を加えて配信したり、動画を自分で編集し、解説しながら配信するなどの方法で行われるゲーム実況。趣味がそのままお金になるとあって、ゲーマーだけでなく芸能人のあいだでも激増し、小学生がなりたい職業ランキングでも「ゲーム実況者」が上位にランクインするほどだが、「そこには恐ろしい犯罪の影が潜んでいる」とネット犯罪に詳しい弁護士・中島博之は警鐘を鳴らす。

「ゲーム実況って、子供の見てたら『これやばいよ』とか言ってるだけでしょ?」と、名倉はその人気に首をかしげるが、「動画とともに広告が配信されることで実況者はその収益を得ることができる」と中島弁護士。「マーケット規模は年間5000億円規模」との言葉に、スタジオは驚きの声に包まれる。

なかでも中島弁護士が問題視しているのは、現在人気爆発中のゲーム「デス カム トゥルー」の実況。全編実写で構成されたこのゲームは、途中に出てくるさまざまな選択肢をプレーヤーが選びながら進んでいき、さまざまなストーリー展開を楽しめる仕組みだが、「権利者の許諾なくゲームの映像を違法に配信すれば著作権法違反」。「ストーリー重視のゲームの場合、最後までネタバレ配信でエンディングまでわかってしまうと、ゲームを買わないという人が出てくる」と中島弁護士はその問題点を語り、河本も「ゲーム会社にとって非常に悪質。映画のエンディングを先に見せるようなもの」と同意する。

「著作権法違反の罪に関しては、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金」と中島弁護士。現状、ゲームの違法配信は300件以上確認されているといい、「多いっすね!」と河本は思わず声をあげる。

番組では、違法なゲーム実況を行っていたゲーマーのひとりを中島弁護士が特定し、直接対決した模様をVTRで紹介。「閲覧する人数が多くても10人いかないだろう」「アップロード後にすぐに削除すれば問題ないだろう」と言い訳を並べる違法配信者に対して「ゲームのオープニングに表示された配信禁止のアナウンスを見ながら無視した」といった事実を一つずつ示し、「数百万円」にのぼるゲーム会社への損害賠償額を突きつける。

ゲーム会社側が被る大きな損害に対してゲーマー側の認識の甘さが目立つ事例に、インターネット上では「仮に著作者の許諾を得てるとしたらニコニコの超会議や大手人気生主等だけなんじゃないのかな? それ未満は殆ど真っ黒なグレーであることを忘れちゃ駄目」「みんなゲーム買わなくなるは最もだ!」と同意の声が寄せられていた。

次回1月21日放送では「人生が激変! アーティストSP」と題し、t-Ace、齊木祐介、岡田浩暉を迎える。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル