top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

中村芝翫・渡部建の“雲泥”「不貞のその後」になぜここまで差が出たのか?

アサ芸プラス

 歌舞伎役者・中村芝翫の不貞報道は、妻・三田寛子の見事な「すっぴん&笑顔」対応によって、あっと言う間に沈静化した。

 芝翫は、まだ橋之助だった4年前にも京都の芸姑との不貞を報じられており、ネット上では「許せない」「全く反省していなかったんだな」と荒れまくっていたが、当の歌舞伎界はどこ吹く風。芝翫は特に会見をすることもなく、予定されていた舞台にも出演し続けている。

 同じく不貞スキャンダルを報じられたアンジャッシュの渡部建が、仕事を降板させられたうえ長い謹慎を余儀なくされているのとは対照的だが、歌舞伎界がスキャンダルに寛容なのは理由がある。

「若手のうちはタレント活動や俳優をすることもありますが、歌舞伎役者の主戦場はテレビではなく舞台ですからね。チケットを買ってくれる客を呼べさえすればいいんです。歌舞伎役者は小さい頃から仕込まれた芸がありますし、なかなか替えがきかない存在だということもある」(芸能リポーター)

 ファン側も、ある程度の教養や金銭的な余裕のある大人がほとんどのせいか寛容で、昔から“女遊びは芸の肥やし”などと言われるのもそのためだ。

広告の後にも続きます

 本来なら笑いという芸を売るお笑い芸人も「芸の肥やし」は同じはずだが、今や歌舞伎界とは取り巻く状況が大きく違っている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル