top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

年越し事件ファイル「全員、OUT!」(1)松本人志がボツにした「渡部建トイレ前コント」の収録現場

アサ芸プラス

 結婚、離婚、スキャンダルは年末のドサクサ紛れにコソッと発表し、新年になれば素知らぬ顔でリセット。だが、その裏では「全員OUT!」な年越し事件が続発していた。天網恢々疎にして漏らさず。アサ芸が一挙に公開する。

 多目的トイレに女性を連れ込んでの不貞行為で世間の耳目を集め、「謹慎生活」を余儀なくされたアンジャッシュ・渡部建(48)。

 昨年6月の不倫発覚後は釈明の言葉もないままに完全雲隠れ、もはや越年の構えと思われた師走の3日、突如として謝罪会見を開いたが、これが火に油を注ぐ結果となった。ベテラン芸能レポーターが回想する。

「会見は、渡部の復帰舞台として、すでに収録済みだった『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)大みそか特番の放送前に、みそぎとして行ったもの。しかし、サプライズ出演こそが番組のキモであるため、渡部はみずから出演を明言することができなかったのです。そのため、ひたすら頭を下げ続けるだけの会見が1時間40分も続くことになった」

 これが新たな問題を引き起こす──。

広告の後にも続きます

「この番組は、10年連続でNHK紅白の裏番組では民放トップの視聴率を稼ぐ人気番組だけに、事前の収録に関しては一部取材記者を入れるものの、ここぞの大御所サプライズ出演の際には徹底非公開を貫いてきました。にもかかわらず、今回の渡部出演情報が漏れてしまったことで、松本人志(57)が『こんなずさんなことあるかい!』と大噴火したんです。制作会社から日本テレビの関係者まで、徹底してリーク犯捜しが行われる事態にまで発展した」(芸能レポーター)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル