top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

死球の長嶋茂雄に届いた異例のお見舞い?/週べ回顧1972年編

週刊ベースボールONLINE

 3年前に創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

ひょっとすると三冠王?



表紙は巨人・柴田勲


 今回は『1972年6月5日号』。定価は100円。
 
 5月12日、大洋戦(川崎)の4回表、巨人・長嶋茂雄は坂井勝二から死球を受け、右手小指付け根を亀裂骨折。そのまま3日間休んだ。
 実際には、この3日間のうち雨天中止が1試合、休養日が1試合で長嶋の欠場は14日の大洋戦のみだったが、いつもに比べ川崎球場の観客が1万人近く減ったとも言われ、大洋の営業関係者は暗い顔をしていた。
 さらにぶつけた坂井に対し、
「なぜぶつけた。お前は球界の宝を殺すつもりか」
「ぶつけた後の謝り方が悪い」
 と脅迫めいた電話や手紙が球団事務所、坂井の自宅に殺到する騒ぎとなった。
 大洋・秋山登コーチは、
「あの近めの球は作戦的な武器の一つで、あそこを攻めておいて外角球で勝負するのが坂井の持ち味だ。あれがいけないというのであれば坂井がかわいそうだ」
 と憤っていた。

 ただ、大洋事務所はあまりの抗議の激しさもあって、巨人事務所に
「長嶋選手へのお見舞い」
 として豪華な花と果物を差し入れた。
 巨人の佐々木代表は、
「今まで頭に死球を当てた際は、球団同士でお見舞いを贈るという習慣があったが、頭以外の死球で見舞いをもらったのは初めてでしょう」
 と驚いていた異例のプレゼントだ。

 当の長嶋は16日の中日戦からいきなりスタメンで復帰。患部には目立たない肉色のばんそうこうを貼っていた。
「目立たないほうがいいんだ。お客さんから分かるようなのはダメだ。プロである以上、勝負の場に立ったら、ケガのことで同情されたくない。はっきり分かるような姿で出ていくのは失礼だからね」
 また痛みについては、
「そりゃ痛いさ。豆腐の角にぶつかったのとは違うからね。だが、打席に立ったら痛いもクソもない。打って打って打ちまくるだけさ」
 と話し、18日に5号、20日6号、さらに21日にはすべて2ランで3本塁打で9号とした。
「この勢いならホームラン王? ウフフ、三冠王と言ってほしいね。ひょっとするとひょっとするよ」
 とコメントも絶好調だった。

 では、またあした。

<次回に続く>

写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル