top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

セブンイレブン、新作BLTサンドの中身に衝撃 ボリュームの落差が激しすぎる

ニュースサイトしらべぇ

セブン-イレブン(以下、セブン)は1月13日から、『トーストサンドとんかつ』『トーストサンド目玉焼き入りBLT』(共に税込み399円)を販売開始。

昨年、具材たっぷりに見える断面図とは裏腹に後方部分に具がない…という「ハリボテ騒動」が話題になったセブンだが、はたして今週は…。


画像をもっと見る■味はやっぱり最高だった

まずは、北海道、東北、関東、東海、近畿、中国、四国で販売されている『トーストサンドとんかつ』から。

断面はこのような感じ。かなり分厚いとんかつの主張が強く、迫力は満点だ。ソースととんかつの相性は抜群で、マスタードマヨネーズのアクセントも良し。キャベツも入っており、ほどよい甘さもあって美味しいぞ。やはり味には定評があるセブンだけに、このクオリティーには「さすが」の一言。

ただ、「とんかつ」は過去にも検証しており、そのときは「片方がハリボテ」という結果だったが、はたして今回は…


広告の後にも続きます

関連記事:セブンイレブンの新作サンドイッチ 具材は「ハリボテ」なのか検証したら…

■申し分ない量で「ハリボテ感」はナシ

半分に割ってみると、そこにはボリューム満点のとんかつが! 後方部分の両サイドは空いているが、これはとんかつを挟む以上仕方なく、これを指摘するのは野暮だ。

ちなみに、キャベツの量はこのような感じ。決して多いとはいえないが、あくまでもとんかつが主役だと考えるとこれも問題ないだろう。

片方のとんかつはボリューム満点が判明した。さて、もう片方も問題なければ「脱ハリボテ」といえるが…

■約1cmのスペースが…

これは…先ほどのものと比較すると若干見劣りする見た目に。後方部分からとんかつまでは約1cmほどスペースが空いており、若干のハリボテ感がある。

最初のとんかつは見事なまでのボリューム感で食べごたえも抜群だったため、若干の不満が残る結果となった。


■断面のボリュームがスゴい

続いては、北海道、東北、関東、新潟県、北陸、東海、広島県、山口県、九州で販売されている『トーストサンド目玉焼き入りBLT』。

断面はこのような感じ。パンが3枚重なっていることから、かなりのボリュームがあって食べごたえがあるぞ。トーストを温めるとベーコンの香りが非常に強く、マスタードマヨネーズとケチャップのアクセントも良し。レタスとトマトも入っていて、バランスの取れた味わいだ。

見た目以上のボリュームがあって、満足感でいっぱいになるが、半分に割ってみると…

■ベーコンの量がスゴすぎる!

トマトとレタスの量が少なく見える。先ほどの「とんかつ」とは違い、今回の「BLT(ベーコン・レタス・トマト)」では名前にも使われている食材なだけに、もっと野菜を入れてもよいのではないかと思ってしまう。

ただ、注目したいのはベーコン。3枚も入っていて、そのうち2枚がパンの耳からはみ出すほどの大きさなのだ。これはスゴイぞ!

別アングルから見ると、その凄さがよりわかるだろう。これまでサンドイッチをいくつも検証してきたが、耳からはみ出す具材は初めてだったため衝撃を受けた。トマトとレタスの量は不満だったが、ベーコンの量で帳消しにしても良いレベルだ。

さて、気になるもう片方のBLTサンドは…


■片方は「ハリボテ感」強め

こ、これは…ナシでしょう…。トマトとレタスの量はあまり変わらないが、先ほどの立派なベーコンとは打って変わって小さいサイズで、ところどころにスペースがみられる。また、目玉焼きも半分ほどのサイズになっていた。これは「ハリボテ」とされても仕方ないのではないか。

パンも3枚あって食べごたえは良いこと、先ほどの贅沢なベーコン使いのおかげでお腹は十分に膨れたが、税込み399円でこの中身ということを考えると、決してコスパが良いとは思えないのが本音だ。同じ399円なら記者は「とんかつ」のほうを選びたい。

もちろん、見た目と食後の満足感は必ずしも一致しない。このBLTサンドも味は美味しいのだが、「せめてベーコンの量を同じくらいにしてもよいのでは…」と思ってしまった。

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル