top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

狩野英孝の『幽遊白書』アドリブ再現に視聴者爆笑 「あと50時間は見たい」

fumumu

90年代に社会ブームとなった大人気漫画『幽遊白書』。現在でもファンが多く、昨年にはNetflixでの実写ドラマ化も発表されています。

そんな名作なだけに、名場面も多い同作品。13日、お笑い芸人の狩野英孝さんが自身のYouTube公式チャンネルでアドリブによる再現動画を投稿しました。


■チャンネルの人気シリーズ

今回更新されたのは、「【幽遊白書】EIKOがアドリブで名シーンを再現するぜ!!【PART3】」。2020年6月にPART1、9月にPART2が公開され、今回は3回目。何気にシリーズ化している人気企画です。

冒頭では、作品の中でもその美貌と穏やかな物腰で、当時女性ファンも多かったキャラクター・蔵馬について魅力を語っていくことに。


広告の後にも続きます

関連記事:狩野英孝が忠告する心霊スポットとは? ロケ終了後「除霊に失敗」の恐怖

■バラを持つ男は嫌われる

蔵馬の正体は、妖怪の狐「妖狐」なのですが、登場時は主人公の敵。紆余曲折のすえ味方になるという、まさに少年漫画王道の展開が描かれたキャラクターです。

なお、武器は鞭で植物を扱うため、表紙などではバラを口元にあてていることも。しかし、これには狩野さんは「男がバラ持ったら嫌われますよ」と持論を展開。なぜなら、男×バラは狩野さん自身も過去にやっていたため「僕がやってるのでわかります」と実感を込めて語ります。

とはいえ、「ただ蔵馬は別」「100点のキャタクターですね」と絶賛しました。

■慌ただしすぎる再現

そんな蔵馬の魅力を語りつくした後、動画ではお待ちかねのアドリブ再現をする展開に。そもそも再現でアドリブとは一体…という疑問も浮かびますが、動画内では複数の名場面が再現されていきます。

なかには前述の蔵馬の名場面も行われるのですが、特徴的なのが、主要キャラクターのみではなく、まわりにいるモブキャラや、効果音も再現されているところ。一人二役どころではない慌ただしさに、思わず吹いてしまった人も多いはず。


■「夕飯の味噌汁吹きました」「才能の塊だよ」

この、アドリブなのに妙に細かいところまで再現されている内容には視聴者も大爆笑。「めちゃくちゃ笑いましたw」「夕飯の味噌汁吹きました」「このシリーズ好き」との声が寄せられました。

なかには「この動画は、もっと評価されるべき」「Netflixで幽遊白書実写化するらしいので出てください」「才能の塊だよ」「あと50時間は見たい」と絶賛のコメントも。

作品を見たことのない人まで興味を持った様子の同企画。次回のPART4が公開される日が待ち遠しいですね。

★狩野さんの幽遊白書アドリブ再現はこちら

(文/fumumu編集部・五代桜子

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル