top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

いま、セブンとローソンの担々麺が熱い 食べ比べて分かった大きな違い

ニュースサイトしらべぇ

ローソンは12日、東京の名店「つじ田」が監修した「痺れる辛さ 担々麺」(税込598円)を発売。

記者の大好物であるセブン-イレブンの人気商品「旨辛担々麺」(税込475円)と食べ比べ、2つの商品の違いを見つけ出すことにした。


画像をもっと見る■量はどちらが多い?

目に見える大きな違いは値段で、ローソンの「痺れる辛さ 担々麺」のほうが123円も高い。

コンビニのおにぎりや、ちょっとしたデザートを買って同じ値段となるので、この差は案外大きい。

(左:セブン-イレブン「旨辛担々麺」 右:ローソン「痺れる辛さ 担々麺)

量に関しては、セブン-イレブンの「旨辛担々麺」のほうが34g重いという結果で、そこまで大きく変わらないといえる。


広告の後にも続きます

関連記事:ファミマ×日清ラ王、人気カップ麺をおむすびに 再現度の自信がスゴい

■辛さの中にコクを感じるスープ

まずは、ローソンの「痺れる辛さ 担々麺」から食べることに。

豚ひき肉の他に、もやし、ネギ、カシューナッツなどの具材が控えめに入っている中、ひときわ目立つのが半熟卵の存在。ちなみに、気になるカロリーは705kcalであった。

しっかりと山椒が効いており、一口目に思わず咳き込んでしまったが、パンチが効いていてこれはクセになる味だ。

とろとろのスープにはコクがあり、麺によく絡む。さらに、半熟卵で味変もできるので、食べていて楽しい1杯といえる。しかし、ただ一つ残念なことは具材が少ないところ。

■麺と具材のバランスが最高だった

セブン-イレブンの「旨辛担々麺」は、もやしやネギなどの具材がたくさん入っているのが印象的だ。

そして、一番目立つスープの色は、見ているだけで辛そうな真っ赤な色をしている…。気になるカロリーは698kcalと、ローソンの「痺れる辛さ 担々麺」と比べてもほぼ変わらない。

この坦々麺、一口食べるとわかるがスープの色ほど辛くない。

旨辛という商品名がピッタリの辛さで、どこかクリーミーでマイルドなのだ。もやしや玉ねぎと一緒に麺を食べると、シャキシャキ食感も味わえる、麺と具材のバランスがとても良い一品である。


■どちらもオススメできる一品

ほどよい辛さと麺と具材のハーモニーが楽しめる、セブン-イレブンの「旨辛担々麺」。麺と濃厚なスープが絡み合う、「痺れる辛さ 担々麺」。どちらも個性が光るオススメの一品だ。

今回初体験だった「痺れる辛さ 担々麺」は辛いのにコクがある部分が気に入ったので、ゼヒ白飯と一緒に食べることを推奨したい。

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル