top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

深く考えずに別れてしまい… 振って後悔した男性の特徴

fumumu

(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

駆け引きなどで、すぐに「別れる!」と言ってしまう女性は少なくありません。それを彼氏が真に受けて、実際に別れてしまうカップルも…。

fumumu取材班は、深く考えずに別れて後悔した経験談を聞いてみました。


(1)必死に理解しようとし続けてくれた

自分を理解しようとしてくれる人は、大切にしないと後悔してしまうことも。

「私のことを理解してくれようと一生懸命だった人を、振ってしまったことがあります。


私はとてもヤキモチやきなのですが、彼はその度に話をしっかり聞いて、我慢もしてくれていました。もうあんな優しい人には出会えないだろうと、思い出しては切なくなっています…」(30代・女性)


広告の後にも続きます

関連記事:フッたのは自分だけれど…元カレと別れて後悔した3つの瞬間

(2)とにかく穏やか

心は刺激に反応してしまいがちですが、本当の幸せは穏やかな中にあるのかもしれません。

「長年付き合っていた彼氏は穏やかな人で、マンネリを感じていました。そんなときに出会ったかっこいい先輩に言い寄られて、心が動いてしまったんです。


彼氏と別れて先輩と付き合うことにしましたが、その時に初めて元カレの良さに気づくことに。先輩とは刺激的で楽しい日々でしたが、それと同時に、元カレとの平和でほんわかした空気感が恋しくてたまらなくなりました」(30代・女性)

➂優しい

本当に優しい男性は、なかなかいないもの?

「1年付き合っていた彼氏を自分から振ったのですが、今すごく後悔しています。


元カレはとにかく優しすぎて、それが逆に嫌になって振ったのですが、いざ別れて周りの男性をよく見てみると、あんなに優しくて素敵な男性っていなかったんです。


付き合っている時はわからなかったことですが、すごくいい男性だったんだなって気づきました」(30代・女性)


一度、別れてしまったら取り返しがつかないこともあります。後悔しないよう、別れを切り出す前にきちんと考えたいですね。

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル