top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

元プロが率いる鹿児島城西(鹿児島)が2度目の甲子園のために直面する課題

高校野球ドットコム

 昨夏、チーム初の甲子園出場を果たした鹿児島城西。元プロ野球選手・佐々木 誠氏が監督に就任して3年目での快挙となった。結果は加藤学園に1対3での敗戦だったが、学校の歴史に新たな1ページを刻んだ。

 その歴史を継承した新チームは秋季鹿児島県大会で3位に入るも、九州大会を逃す結果に終わっていた。

チーム力、投手力に課題を抱えた新チーム

鹿児島城西の選手たち

 「去年のように投手がいなかったので、バッティングでどうにかしたかったですが、秋の大会はできませんでした」

 秋の大会を振り返ってチームをまとめる乗田 元気主将が語った言葉だ。旧チームは八方 悠介と前野 将輝のWエースを擁して鹿児島県大会は準優勝。続く九州大会でベスト4に入る結果を残して初の甲子園の切符を掴んだ。

 ただ、新型コロナウイルスの影響で選抜の中止はもちろん、春季大会等もすべて中止。練習自粛もせざるを得ない状況となったことがチームにとって大きかった。鹿児島の場合は、春季大会だけではなく、NHK杯や招待試合など多くの試合をするチャンスがある。

広告の後にも続きます

 その機会を使って、新チームを見越して新戦力を試しながら集大成となる夏の大会に向かって照準を合わせるはずだったが、コロナ禍によって奪われる結果となった。それは鹿児島城西だけに限った話ではないものの、「紅白戦を多くやりましたが、どうしても公式戦で得られるものとは違います」という指導者からの声もあった。

 その結果、加藤学園との一戦が終わってから1か月も経たないうちに地区予選が始まるハードスケジュールでチーム作りは難航。特に八方、前野の2枚看板が抜けた投手陣は厳しく、指導者間では「継投でどうにかするしかない」と細かく投手を繋いでいくほかなかったとのこと。

 実際に秋はエース格として登板することの増えた板敷 政吾は「八方さんや前野さんといった柱となる人がいなくなって、引っ張る難しさを感じました」と先頭に立つことのむずかしさを痛感した。

 だが課題は投手力だけではなかった。
 「選手個人の能力は高いのですが、チームが発足した時は結束力が低かったと思います」(巻 宗馬)
 「チーム力が低く、繋ぐバッティングや全員で守ることが出来ていなかったと思います」(林 誠人)

 甲子園交流試合から戻ってきてまもなく秋季大会が控えていたこともあり、チームとしての完成度が低かった。乗田主将も「最初はまとまりに欠けていました」と感じていた課題だが、それを改善するべくチームでは“結束”というスローガンを掲げることになる。

 「目標が2年生それぞれでバラバラになっていたので、1つにならなければ日本一という目標は達成できないので、1か月ほど経ってから“結束”というスローガンが決まったと思います」(長 隆稀)

悔しさを糧に2度目の甲子園へ

バッティング練習をする鹿児島城西の選手たち

 このスローガンが掲げられると、「試合の中でも選手間でミスをカバーし合う意識が出てきて一体感が生まれてきました」と乗田主将は効果を肌で実感していた。

 少しずつではあるがチームとしての完成度を高めていった鹿児島城西。その完成度は練習の雰囲気からも感じられたが、バッティング練習を見ていると、映像を撮影しているシーンが見受けられた。近年は練習の様子を撮影するチームが増えてきたが、鹿児島城西でも3台のタブレット端末があり、気軽に撮影できる環境が整っているとのこと。

 この効果を乗田主将はこのように語る。
 「撮影した映像は自分たちの携帯に送って、それを自主練習で確認をして課題を克服するようにしています。どこが悪いのかすぐにわかりますし、監督は自主性を重んじる方なので、それを上手く活用できていると思います」

 またピッチングの様子を見ると、キャッチャーが通常よりも3~5メートルほど後ろに座って構えていることがあった。この練習について、板敷投手に聞かせてもらった。
 「いつもより長い距離で投げ込むことでボールの威力はもちろんですが、伸びも変わってくるので、ピッチングにも効果のある練習になっています」

 他にも様々な工夫を凝らしている鹿児島城西は秋季大会に入ると、3回戦で県内のライバルである鹿児島実との対戦が待っていた。そこまでは佐々木監督の思い描くような野球ができず、「相手に助けられながらの勝利であまり内容が良くありませんでした」と板敷は振り返る。

 試合は先取点を許しながらも中盤からリードを奪い、主導権を握る展開。終盤に追いあげられるも、ダメ押しの3点を加えるなど8対4で勝利。何とかベスト8進出を決めた。
 「投手陣が最少失点で抑えてくれているなかで、打線が光ったと思います」(長 隆稀)

 準々決勝の吹上にも勝利し、2年連続での九州大会に王手をかけた鹿児島城西。しかし準決勝の神村学園には1対14という大差を付けられて敗戦した。

 この敗戦について「鹿児島実の時はまとまっていたのですが、神村学園戦では弱みを見せてしまいました」と林が振り返ると、長は結束という観点からこのように語った。
 「鹿児島実に勝利して気が緩んでしまい、神村学園の時はバラバラだったと思います」

 選抜の道は閉ざされ、甲子園へ行く道は夏の大会のみとなった鹿児島城西。秋の大会では投手力だけではなく、チャンスで1本出せなかったことも反省し、練習試合を戦い抜いた。乗田主将は「年内最後の方の試合では2桁得点や、チャンスで1本出せていたので、段々よくなってきました」と確かな手ごたえを感じながら冬場に入った。

 再び甲子園の舞台に行くために追い込みをかける鹿児島城西を代表して、最後に乗田主将に意気込みを語ってもらった。
 「秋は悔しい思いをしたので、甲子園に向けて春と夏はその悔しさをぶつけられるような戦いが出来ればと思っています」

 初めて全国の舞台を知ったことで、新たな課題にもぶつかった鹿児島城西。その課題を乗り越えるためにも2度目の大舞台へチームが1つの束となって、再び聖地を目指す。

(取材=編集部)


TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル