top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

『TENET テネット』出演のジョン・デイビッド・ワシントンとケネス・ブラナーのインタビューが公開!

フィールドキャスター





映画『TENET テネット』のブルーレイ&DVDリリース開始に合わせてキャストのジョン・デイビッド・ワシントンとケネス・ブラナーによる初公開となるインタビュー映像が公開されました。



「ダークナイト」シリーズ、『インセプション』『インターステラー』のクリストファー・ノーラン監督が、7か国を舞台にIMAXカメラを使い、時間が逆行する世界をリアルに描き出し、驚異のスケールで放つ極限のタイムサスペンス超大作『TENET テネット』。



ノーラン監督作品では史上最高額となる約2億ドル以上の制作費をかけて映像化された本作は、”時間”をテーマに逆再生やシームレスで繰り広げられるタイムサスペンスで、まさに新感覚の映像体験ができるエンターテイメント作品となっている。



謎が随所に散りばめられ、何度も観ることでより深い理解を得らえる中毒性が強く、2回目の視聴でやっとスタートラインに立つことができると話題だ。



本作で難解な役柄を見事に演じきった、主演のジョン・デイビッド・ワシントンは、インタビューの中で真っ先に“ノーラン監督の大ファン”と答え、「物語を伝える能力は間違いなく超一流で、しかも必ずひねりを加えてくるのが見事」とその理由を明かしている。



そして、複雑なストーリーや、SFのような設定の物語でも「観客を登場人物たちに共感させる能力もすごい。 観客は映画の複雑な世界観を完全に理解できなくても、登場人物たちを通して、体感することができる」とその手腕を絶賛し”そんなことできる人は他に知らない”と真剣なまなざしで語った。



いろんなジャンルの要素を取り入れながらも、それを自分流に変えてしまうノーラン監督の作品を「クリストファー・ノーランはひとつのジャンルなんだ」と表現している。



そして、本作でセイターを演じたベテラン俳優ケネス・ブラナーは、ノーラン監督が挑み続ける「時間」というテーマついて触れ、「監督は時間の謎に取り組むことを楽しんでいる」と分析する。



続けて、「時間というテーマに挑むと、どうしても人道的な問題が生じる。



例えば時間を操れたら、愛する人を失わなくて済むように、こうしてたら世界は良くなってたということも、自由に変えることができるようになる。



単なる知的な課題でなく、非常に人間くさい感情も絡む事柄だと思う」と自身の見解を述べ、「時間を操ることで、僕たちは幸せになれるかもしれないが、壊滅的な結果をもたらす可能性もある」と”時間”というテーマの奥深さや難解さについて語り、「時間は監督にとってすごく情熱を持てる重要なテーマなんだ」とノーラン監督が魅了され続けるその理由を彼なりの解釈で明かしている。



また、本編でみせる冷徹な雰囲気とは異なり、柔らかい表情で語る、ケネス・ブラナーの様子にも注目してご覧ください。


TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル